30代を無駄に生きるな

著者 :
  • きずな出版
4.06
  • (6)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866630939

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第1章 30代で身につけておくべき考え方、捨てるべき考え方
    ☆自分の現在地を知る。それにより自分ならではの強みを把握する
    ☆自己決定権を持つために、なぜを大切にする
    ☆負けるという自覚を持ち謙虚に学ぶ

    第2章 30代で身につけておくべき人間関係力
    ☆仁義礼節を大切にして、紹介者を大切にする
    ☆メンターの意見について素直に従う

    第3章 30代で身につけておくべき仕事力
    ☆頼まれたら「期待以上の成果とリアクション」
    ☆自分の勝ちパターンを知るために事前準備を怠らない

    第4章 30代で身につけておくべき人に好かれる力
    ☆共感力を磨く、笑顔で人の話を聞く
    ☆1年に1度、2度は気が進まないことをする

    第5章 30代で身につけておくべき習慣力
    終章 30代をどう生きるか
    ☆フォー・ユーの精神で徳を積む

  • 自己啓発本に近い。
    20代、30始め向け。

  • 2020年1月現在、31歳の自分がいま出会えてよかった。
    30代という時間をどう生きていくかを考えさせてくれた。

    この本をこれからの未来の30代の人達に伝えるだけでも価値があると思う。

  • 30代前半のうちにこの本に出会えてよかった

  • このままで良いのかと悩んでいたときに、本屋で出会った本。
    20代の過ごし方を後悔していても、30代でやり直せると前向きに考えられるようになった。

    まずは、現在地と目的地を明確にするため、自分の棚卸しから実行したい。

  • 感想
    永松さんの本はやや強めの言葉ではあるが言っている事はかなり的確でハッと気づかされる事が多い。この本を手に取った人の甘えをいい意味で剥ぎ取ってくれると思う。笑

    心に残ったフレーズ
    自分の強みを知る→普通にやっていたのに周りに驚かれた事。
    30代のうちに起業、副業を始めよう。自分が稼げるツールはいくつも持つべし。
    プレゼン力を身に付ける。その為にはアウトプットする場を作る。
    質より量、場数を重ねる。

  • 30代になり、仕事やプライベートの悩みの質が変わってきた。そんなときこの本を読み、自分の人生を豊にするための手段を学ぶことができた。

    目標に向かうために、今自分はどこにいるのか、現在地を確かめたことはなかったかもしれない。
    自分の現在地が分かるからこそ、目指すゴールに向かうために、何をするべきか、どんな手立てが必要かを考えることができる。
    「自分の棚卸し」をし、30代をどう進んでいきたいのかこれこら考えていきたい。

    この本は、わたしの人生のバイブルとなるだろう。繰り返し読んで、自分と向き合っていきたい。

  • 30代でなくても読める本。サクサクと読めて、人生の参考になる本であった。

    30代は人生の分岐点となる人が多く、大きな決断をする機会が増える年代だ。人に流されるのではなく、自分の言動に責任を持ち決断力を身につけること。

    まずは自分自身が何者なのか把握する。負けを受け入れそこから学べることがある。
    想定力を身につけ、先を考えて行動すること。なぜ?と疑問を持ち考える癖をつけること。
    いろんな人と出会い、共感力を磨く。
    やはり読書は欠かせないものであり、これからもいろんな本を読み続け、人生を豊かにしていきたい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

大分県中津市生まれ。たこ焼き屋の行商から商売をはじめ、日商平均 25 万円を売るたこ焼き屋として、メデ ィアで大反響になる。
現在経営する中津市のダイニング「陽なた家」、「夢天までとどけ」、福岡市中央区の居酒屋「大名陽なた家」、 「陽なた家茂虎」「博多屋台 幸龍」はいずれも口コミだけで全国から大勢の人が集まる大繁盛店になっている。

「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人財育成には定 評があり、数多くの講演、セミナーを実施。 「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして多くの若者から圧倒的な支持を得ており、累積動員数は述べ 30万人にのぼる。また、鹿児島県南九州市にある「知覧ホタル館」の特任館長も務め「知覧フォーユー研修さくら祭り」など、自身が提唱する「フォーユー精神」を培う研修を行っている。経営、講演だけではなく執筆、人財育成、出版スタジオ、イベント主催、映像編集、コンサルティングなど数々の事業展開をこなす実業家で ある。

「2020年 『好きな人と「だけ」生きていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

30代を無駄に生きるなのその他の作品

永松茂久の作品

30代を無駄に生きるなを本棚に登録しているひと

ツイートする