子どもが伸びる がんばらない子育て

著者 :
  • フォレスト出版
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866800059

作品紹介・あらすじ

がんばるママはもう卒業! 伸びる子のママは“ほったらかし”ママ!

子育てに行き詰まりや息苦しさを感じているママ 、
早期教育をしないといけないのでは?と焦っているママたち必見!!

◉キチンとママの子は “うつ” リスクが高い! ?
◉「早期教育は意味なし!」と 多くの論文が発表
◉ネットに広まる子育て情報・ ・ ・
心理学博士の著者が、エビデンスベースで
本当に信じられる情報を提供

漫画が豊富で忙しいママも読みやすい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「子育て いやだ」「子育て つらい」「ママ やめたい」
    そんな言葉を検索するよりこの本を読んだほうが回答が書いてある気がする

    上記の言葉は私が息子が誕生した5年前から今までに何回も検索した言葉です。
    ネットにはたくさんの回答があるのに、どれも「これだ!」ってのに出会わない。だからまた探す・・その間もずーっとしんどい。
    「辛くても口角だけはあげる」「週1回はカフェに行く」どれもやったけど効果なし
    児童館にいる他のママはニコニコおしゃれで子供への愛情にあふれてて、、、「どうして自分だけこんな気持ちなのか??」
    この本は私が経験した苦しみについて書いてある初めての本でした。
    正直、育児本は読み手の価値観があるので共感できるかは人それぞれ。

    でも、私にとっては、書いてあること全てに共感でき、
    「もっと休憩すればよかった」
    「制限しなくてよかった」
    「『ほんのり幸せ』を目指せばよかった」
    「がんばらなくてよかった」って思いました。

    もし、出産してからイライラすることが多発してて、「もとの自分ってどんなんだっけ?」と悩んでいる方がいたらこの本にも書いてありますが、
    「がんばりすぎ」のサインです。

    そんな方はこの本を読んで「がんばらない子育て」について学ぶことをおすすめします。ママが楽になるだけじゃなくて、家族や子供にもいい影響があると思いますよ。

    確かに、他の方のレビューにあるとおり、
    タイトルの、「なぜ子どもが伸びるか」が本文で明言されていません。
    しかし、「はじめに」に『どんな英才教育よりも子供の可能性を伸ばし、(中略)がんばらない子育てを始めてください』とあることから、英才教育よりもがんばらない子育てのほうが子供の可能性を伸ばすためには必要なのはわかりました。
    これは子供の可能性はなるようにしかならない。だから、ママが笑顔でいられる方法で子育てして大丈夫だよというメッセージと感じました。

    本の構成は主に親しみやすい絵柄の漫画なのでサクっと読めます

  • 育児で思いつめがちだった頃に本屋さんで見かけて読んだ本。

    育児に限らずストレスを感じるとは何が原因でどういう状態なのか、トゲトゲせずにまわりにヘルプを求めるにはどうすればよいのか、またそもそもストレスを溜めないためにはどうすればよいかが平易な言葉でわかりやすく説かれていてよかった。

  • 期待したよりも赤ちゃん向けの本でした。
    私は頑張らずに子育て出来ているようです。

    しかし、「子どもが伸びる」はよくわからなかったかも…?漫画よりも詳しく書いてあるほうが好みのようです。

  • 著者も同じだったのだ、という事に救われるが、実践がなかなか難しい。あいメッセージしてみているが。
    結局、家事の手を抜いても、かえってくるのは自分というのを考えると後でどっとやるのが嫌だからちょいちょいやっておいてしまいたくなるんだよな。
    気づくと歯を食いしばっている。産前の時と同じ時間を少し過ごしたい。
    攻撃性の高い子にならないように、怒らずに過ごしたいのだが。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

山本ユキコ(やまもと・ゆきこ)

心理学博士、キッズ・キッズ折尾保育園園長。
九州大学大学院人間環境学研究科修士課程・博士課程修了、博士号取得。日本学術振興会特別研究員・岡崎国立生理学研究所(現自然科学研究機構生理学研究所)心理生理学部門研究員などを務める。その後、出産を機に子育て支援に転身し、10年で4000人以上の親を指導。現在は保育園の園長をしている。子育ては、母親ひとりではなく、家族や保育園などのチームで行うという文化を日本に根付かせたいと考えている。著書に『出産・育児ママのトリセツ~「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ』(忘羊社、2016年)、『赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム』(あさ出版、2016年)、『子どもが伸びる がんばらない子育て』(フォレスト出版、2018年)がある。

「2020年 『マンガでわかる 子育てコーディネート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ユキコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×