スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本

著者 :
  • フォレスト出版
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 93
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866800523

作品紹介・あらすじ

スピーチや面接、ビジネス上の会話で頻出する「えーっと」「えー」「あー」「あの」などの意味のない言葉。無意識に出てしまうこともあれば、出さないように意識しても出てしまうことがあります。反対に、普段出ているのに、あるシーンではまったく出ないこともあります。なぜでしょうか? そして、それが出る人と出ない人は何が違うのでしょう?
本書ではこの「えーっと」などが頻出することを、「えーあー症候群」として定義します。「えーあー症候群」の人は「自信がなさそう」「口下手そう」「本心ではなさそう」「仕事ができなさそう」という印象を持たれてしまいます。しかし、これをなくすだけで、説得力が上がり、より相手に内容が伝わり、まわりからの評価が上がります。
「えーあー症候群」の人はかなり多いはずですが、これを改善するための方法を1冊にまとめた話し方本は今までありませんでした。そこで本書では、スピーチトレーナーの著者が科学的に解説、改善方法をしっかりと伝えていきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルのえーっとは、専門用語でフィラーと言う。この本ではフィラーの原因を3つに分け、対策を練っている。後半は実際の練習方法を示している。

  • 話を捨ていると、間に「あー」とか無意識に行っているのをフィラーと言うらしい。

    フィラーが出る典型的な状態
    心(感情):緊張している。自信がない。格好つけようとしている
    思考:話す内容が決まっていない。長い原稿を暗記している
    声:滑舌が悪い。1センテンスが長い

    概念的な内容が多く、またトレーニングの内容が難しく行く、一人でやるのは本気度が必要だと思った。

    ただ、1センテンス短くすること。ゆっくり話すこと。話すときに意識をすることなどは自分でできるかな?と思った

  • 心 自分を過大評価、思考と声でカバー
    思考 センテンスを短く、間を入れる
    声 大きな声、下手に出ない

    ポイントさえあれば本で読むほどの内容ではないかも。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。*

  • 話すときの「えーと」や「あのー」を無くしましょう,という本.
    冒頭で「えーっと」や「あのー」を”フィラー”(fill・er)と定義.
    フィラーのでる要因は3つ(心,思考,声).
    それぞれをコントロールすることでフィラーをなくすことができる,との主張.

    著者はアナウンサーや通訳を経験したスピーチトレーナー.


    著者の講座がまるっと1冊にまとめた,そんな本でした.

  • 読んだ。フィラーは不快なだけじゃなくて、いいフィラーもあるんだけど、それがうまく機能するようにするためにも、悪いフィラーはなくそう、という話。やはり単文の積み重ね推し。でも1日で改善はされないと思う。最後の実践練習もだいぶハードだしね。

全6件中 1 - 6件を表示

高津和彦の作品

スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本を本棚に登録しているひと

ツイートする