あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています

  • 赤ちゃんとママ社
3.64
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870140622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00442735

    ママになった喜びやうれしさ、
    子どもをいとおしく思う気持ち…
    日々の忙しさに追われて
    忘れがちだった思いを
    あらためて感じてほしい
    すべてのママに贈りたい絵本。
    (出版社HPより)

  • この本は、とても素敵な本だ。

    きっとスギヤマカナヨさんご自身が、あかちゃんを迎えたときに、
    大切に時を過ごした体験が基になったのだろうと思う。

    「あかちゃんは おかあさんと
    こうして おはなし しています。」
    という言葉が繰り返される。
    言葉でコミュニケーションをとるようになる前の、あかちゃんとの対話が描かれる。

    時に、何を言っているのかがわからなくて、おかあさん自身があかちゃんといっしょに泣いてしまうこともあるけれど、そんなときにはおなかの中に芽生えたいのちと対話していた日々を思う。
    最初から、そのいのちを愛しく思っていたことを思い出す。

    そして、その泣きつかれた寝顔を見て思うのだ。
    「ふう、かわいい…」

    この本は、あかちゃんを育てている渦中の親御さんに読んでほしいな。
    ちょっと大人向けなような気がする。

  • すごくいい。友人へプレゼントしたい。

  • 慣れない育児で不安なお母さんが読んだら、ちょっと安心しそう。子どものためでなく、大人のための絵本だ。

    あかちゃんは おかあさんと
    こうして おはなし しています。
    繰り返しの言葉は楽しくて安心する。

  • パパに見せたら、なんでパパはないのってつっこまれちゃった。

  • 「ことば」を通してコミュニケーションをとれるようになる前に、こんなにゆたかに心を通わすことができるんですね。
    至福のひと時を、一人でも多くのおかあさんが感じられるようステキな絵本を伝えたいです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

静岡県三島市出身。東京学芸大学初等科美術卒業。
『ペンギンの本』(講談社)で講談社出版文化賞受賞。
主な著作に『K・スギャーマ博士の動物図鑑』(絵本館)『てがみはすてきなおくりもの』『山に木を植えました』(以上、講談社)『ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう』『みーせーて』『さあ、てをだして』(以上、アリス館)『わくわくへんしんハウス』(教育画劇)『あかちゃんがうまれたらなるなるなんになる?』(ポプラ社)『ほんちゃん』『ぼくのすごいしゅうしゅうしゃ』(以上、偕成社)「ようこそ! へんてこ小学校」シリーズ(KADOKAWA)『あいうえあそぼうとしょかんで』(子どもの未来社)『うたう! ももたろう』『あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています』『おふねにのって』(赤ちゃんとママ社)『ぼくだけのこと』『ボタン』(森絵都・作 偕成社)他多数がある。

「2021年 『おやすみとおはようのあいだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スギヤマカナヨの作品

ツイートする
×