おふねにのって

  • 赤ちゃんとママ社
3.38
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 141
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870141285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本を通して遊べる本。

    この本を読みながら、あかちゃんをお膝にのせて、ゆーらゆら。
    きっと楽しい。

  • ●読み聞かせ。
    ●ちゃんとおにぎりも形に沿ったものになってる。

  • 余白が大きいのは 切り取り用のお船で遊ぶようにだね。

  • まるさんかくしかく、ほそながちゃん。赤ちゃんが最初に出会うさまざまな形が、キャラクターとなりお船の旅へでる。膝の上に子どもをのせ、船のように左右に揺らしながら読み聞かせるのが楽しそう!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

静岡県三島市出身。東京学芸大学初等科美術卒業。
『ペンギンの本』(講談社)で講談社出版文化賞受賞。
主な著作に『K・スギャーマ博士の動物図鑑』(絵本館)『てがみはすてきなおくりもの』『山に木を植えました』(以上、講談社)『ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう』『みーせーて』『さあ、てをだして』(以上、アリス館)『わくわくへんしんハウス』(教育画劇)『あかちゃんがうまれたらなるなるなんになる?』(ポプラ社)『ほんちゃん』『ぼくのすごいしゅうしゅうしゃ』(以上、偕成社)「ようこそ! へんてこ小学校」シリーズ(KADOKAWA)『あいうえあそぼうとしょかんで』(子どもの未来社)『うたう! ももたろう』『あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています』『おふねにのって』(赤ちゃんとママ社)『ぼくだけのこと』『ボタン』(森絵都・作 偕成社)他多数がある。

「2021年 『おやすみとおはようのあいだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スギヤマカナヨの作品

ツイートする
×