ねずみのつくったあさごはん

著者 :
制作 : 田中 槙子 
  • 秋書房
4.55
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870190320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さいころに読んだ絵本で唯一覚えているのがこれ。
    ねずみの作った朝ごはんがすごくおいしそうで、何回も何回も読みました。将来子どもができたら、本だなにおいておきたい。

  • 小学生の頃、教科書に載っていました。

    年をとった今でも、
    この絵本で出た朝ごはんのメニューだけは忘れられません。小さい頃はこの朝ごはんが食べたくて、母親に作ってもらうようねだったものです。
    文章を読んで食事がしたくなった初めての絵本です。

  • Amazonに画像がない本。こういうこともあるのね。
    復刻版が出ているはずなので、その出番を待つしかありません。

    大好きな安房直子さんの作品。
    比較的短いので、春の読み聞かせに向きそうです。
    春の、というのは、ねずみさんの作ってくれる朝ご飯が
    春のメニューなのですよ。それもとっても美味しそう!

    虫歯が痛いねずみさんが、休診中の歯医者さんに行って
    無理矢理治療をお願いします。
    小さな子供たちを抱えて、裁縫で暮らしをたてているという
    ねずみさん。
    若い歯医者さんは心を動かされて、ちょいちょいと治療してあげます。
    お礼にと、ねずみさんは穴の開いた靴下をつくろってあげるというのです。
    さて、歯医者さんは穴の開いた靴下を出しておきました。
    すると。。。
    幸せなこの続きは、ぜひお読みになってみてください。

    歯医者さんがごちそうになる春のメニューを載せておきますね。
     ふっくりと たきたてのごはん
     やまうどのみそしる
     あつやきのたまご
     なのはなのおひたし
     つくしのごまあえ
     たけのこのにつけ
     さいごに さくらんぼがみっつ。

    野原に腰掛けて食べたら、どんなに美味しいでしょうね。

  • 歯医者さんのところに来たネズミのおかあさんのお礼の朝ごはん。たまごやき!!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

【安房直子・著】  1943年、東京に生まれる。日本女子大国文科卒業。大学在学中より山室静氏に師事する。作品に『まほうをかけられた舌』『花のにおう町』絵本『青い花』(いずれも岩崎書店)、『白いおうむの森』(筑摩書房)『やさしいたんぽぽ』(小峰書店)などがある。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞を、『風と木の歌』(実業之日本社)で小学館文学賞を、『遠い野ばらの村』(筑摩書房)で野間児童文芸賞を、『風のローラースケート』(筑摩書房)で新美南吉児童文学賞を受賞する。1993年没。

「2015年 『花さき山』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安房直子の作品

ツイートする