蒼氓(そうぼう) (秋田魁新報社)

著者 :
制作 : 秋田魁新報社 
  • 秋田魁新報社
3.70
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870203563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新天地を求めブラジルへの途についた移民たちの群像劇。片道切符で船にのりこんだ彼らの覚悟や苦悩、喜怒哀楽が入り混じる日々は現在の私たちからは想像できないくらい過酷なもの。その様子が、食事や病気、小さないざこざから伝わってくる。辿り着いたブラジルは決して望んでいたユートピアではなかったけれど、この地で生きることを決意する彼らの強さに感動する。

  • ブラジル移民の話。昭和初期、日本もこういう時代があったのだなと。悲惨さと、諦めと、でも強さと、のどかさを感じた不思議な作品。

  • 船内の出来事の描写も具体的で臨場感があり、登場人物の心理描写も丁寧でとても面白かったです。まだ見ぬ地に向かう人たちの期待と不安に揺れ動く心理が泥臭く丁寧に書かれていました。

  • 1930年らぷらた丸でブラジルに渡航する移民の背景及びブラジルという国の特徴を心情描写を通してしっかりと伝えてくる内容でした。良書。

  • 第一回芥川賞を受賞したブラジル移民の話。
    かなり昔の小説なのにリアルに映像がイメージできた。
    移民という言葉ではくくれない一人ひとりの人生をかけた海外移住に決死の覚悟、諦め、受容、前進を感じ、当時の方々に敬意を持った。
    その後のブラジルでの日本人の活躍を思うと頭が下がる。

全8件中 1 - 8件を表示

石川達三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
ジェームス W....
スペンサー ジョ...
ヘルマン ヘッセ
J・モーティマー...
西 加奈子
サン=テグジュペ...
ドストエフスキー
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×