蒼氓(そうぼう) (秋田魁新報社)

著者 :
制作 : 秋田魁新報社 
  • 秋田魁新報社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870203563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第一回芥川賞受賞作品であるが、受賞したのは第一部でありその以後第二部、第三部と続編が書かれ、長編作品となった。内容としては戦前の貧しい農民たちが夢を抱いてブラジルへと渡り、厳しい現実に振り回されながらもその地に根を下ろそうとするまでを描いたものであり、作者自身がブラジルへと行った経験も含まれている。

  • 1930年らぷらた丸でブラジルに渡航する移民の背景及びブラジルという国の特徴を心情描写を通してしっかりと伝えてくる内容でした。良書。

  • 第一回芥川賞を受賞したブラジル移民の話。
    かなり昔の小説なのにリアルに映像がイメージできた。
    移民という言葉ではくくれない一人ひとりの人生をかけた海外移住に決死の覚悟、諦め、受容、前進を感じ、当時の方々に敬意を持った。
    その後のブラジルでの日本人の活躍を思うと頭が下がる。

全5件中 1 - 5件を表示

石川達三の作品

ツイートする
×