ツインシグナル (1)

著者 : 大清水さち
  • スクウェア・エニックス (1993年6月発売)
3.40
  • (11)
  • (11)
  • (57)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :169
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870250482

ツインシグナル (1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻が未読^^だってうちの田舎の方では見つからなかったんだものうんこ!あー凄く読みたい!!文庫版が出ておりますが、文庫でなく単行本で読みたい、欲しい!
    後半になってくると哲学ぽいってゆーか、ちょっとお気楽に読める感じでなかったのは、初期のほのぼのが好きだった私には残念ですが面白い漫画です。ロボット工学とか一時期憧れちゃったりね!

  • 全巻読んでの感想。
    1巻は結構ギャグっぽいんですが、進むにつれてだんだんシリアスになったものの楽しませてもらいました。
    ロボットものですが、ロボットが人間型なのであまりロボットロボットしてないかな。
    人間とロボットという関係というよりは「家族」という感じが良いです。

  • 全19巻。音井信之介教授の最高傑作であり本作の主人公であるシグナルと、音井教授の孫の信彦を中心に、ロボットと人間の共存をテーマにしたほのぼの&シリアスな少年漫画です。
    後半シリアスな展開になる所で、少し話の進み方がグダグダしてしまう部分はあるのですが、キャラも魅力的ですし、正統な感じで好感が持てる少年漫画だと思います。
    近年「Twin signal」として、ソノラマコミック文庫になって発売されていたようです。(未掲載の部分もあるようです)

  • 最初の頃のほのぼのが特に好きでした。

    知り合いに譲りました。

  • 家族っていいなー、そんな風に感じるロボット漫画って初めてだった。・・・というか当時小学生の自分が読んだロボット漫画ってこれが最初じゃ?

  • ロボットと人間の共存をテーマにしつつも、のほほん♪とした作品。後半に行く連れにシリアスになるけど、それでもテーマから外れていないから良いですw

全7件中 1 - 7件を表示

大清水さちの作品

ツインシグナル (1)に関連する談話室の質問

ツイートする