ハーメルンのバイオリン弾き 11 (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.43
  • (5)
  • (9)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 120
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870251106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 裏切り者のサイザーを始末しようとするベースは、魔法の刃で彼女の身体を貫きます。しかし、スフォルツェンドの王族の血を引くフルートが覚醒し、彼女の治癒の魔法によってサイザーは一命をとりとめることになります。

    パーティにサイザーとオカリナが加わることになりましたが、シリアスな雰囲気も容赦なくギャグで粉砕してしまうのがこのシリーズの魅力でしょうか。

  • 渡辺道明

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1988年、第22回新人コミック大賞に入選。小学館でデビューを果たす。 1990年にニックスファンタジーコミック大賞にて「ハーメルンのバイオリン弾き」が大賞を受賞。同作が『月刊少年ガンガン』に掲載され連載デビュー。この作品は10年間という長期ヒット作品となり、初期の『ガンガン』の屋台柱となった。

「2021年 『続・ハーメルンのバイオリン弾き 17巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺道明の作品

ツイートする
×