ハーメルンのバイオリン弾き 20 (ガンガンコミックス)

著者 : 渡辺道明
  • スクウェア・エニックス (1997年7月発売)
3.44
  • (5)
  • (8)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870252066

ハーメルンのバイオリン弾き 20 (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仲間たちと別れ、オーボウとともに旅を続けていたハーメルのもとへクラーリィが駆けつけて、彼の仲間たちの運命に危機が迫っていることを告げます。

    一方ダル・セーニョに到着したヴォーカルは、王の遺骸からルビーを奪い、いよいよフルートが殺害されてその魂が捧げられることで、魔剣に真の力が宿ることになります。そこへ、間一髪で駆けつけたサイザーとオカリナが、フルートを守るため、ふたたびヴォーカルに戦いを挑むことになります。

    前巻同様コルネットがギャグ要因として繰り返し登板させられていますが、今回はハーメルのもとに久々に姿を見せたオリンじいさんも彼女の負担を分かち持つために登場しています。どシリアスな場面でいちいち鬱陶しいのですが、これがこの作品の持ち味なんだから仕方がありません。

全1件中 1 - 1件を表示

渡辺道明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハーメルンのバイオリン弾き 20 (ガンガンコミックス)はこんなマンガです

ツイートする