さらばわが青春の『少年ジャンプ』

著者 :
  • 飛鳥新社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870311725

作品紹介・あらすじ

昭和43年、『少年ジャンプ』の創刊は黎明期の少年漫画の世界に新風を吹き込んだ。編集スタッフは、新人漫画家の才能を開花させ、次々にヒット漫画を生み出していった。本書は600万部という驚異的な部数を記録するまでに男たちが流した汗と涙、払った代償を赤裸々に描いたノン・フィクションである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「週刊少年ジャンプ」は、平成5年には週刊誌として600万部の売り上げ実績を残したお化けマンガ誌(著者は昭和60年末まで編集長)であるが、その立上げから平成5年頃までの変遷を自叙伝的に描く。アンケート重視、専属契約(漫画家にはマイナス)、非正規労働者との団交など、「清く正しく美しく」といった世界とは無縁の激烈な競争・闘争が描かれる。「友情・努力・勝利」とは少年ジャンプ漫画の世界観として有名だが、部数増大のプロセスから見れば、「友情」という言葉が空々しく聞こえる。資本主義社会の原理を見せ付けられた読後感。

  • 少年ジャンプ創刊前から300万部発行まで同誌にかかわった著者の回顧録。子供のときに読んでいたマンガの裏話がたくさん書いてあって懐かしく、面白かった。マンガ編集者になりたい人は必読。

  • 黄金期の週刊「少年ジャンプ」の編集長を務めた著者の自伝。
    人気漫画家やおなじみの編集者も実名で登場。
    「バクマン。」などで囁かれている部分の、実際の背景としても楽しめる。

  • 今のジャンプをとりまく状態もまた、
    違っていると思いますが。
    プロジェクトX的な面白さがありました。
    個人的には、ジャンプの創始のメンバーのなかに
    少女マンガ畑出身の方がいらっしゃったというのが
    新鮮な驚きでした。

    バクマン読み返したくなりますね。
    文庫は絶版なようで、ちょっともったいないなと思います。
    しかし集英社の発行じゃないのが謎です。

  • 色々なものが売れなくなるのはさみしいな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

西村繁男

「2018年 『10才のとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さらばわが青春の『少年ジャンプ』のその他の作品

西村繁男の作品

ツイートする