ひと月9000円の快適食生活

著者 :
  • 飛鳥新社
3.68
  • (14)
  • (25)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870312777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きなブロガーさんの愛読書。シンプルと貧しいは違うことがよくわかる。
    これに触発されて大豆を水煮してフリージングしたし、少量で具沢山を目指すようになったり、煮干しでだしを取りたくなったり。。
    でも、とっても手際の良い方なので全然真似できる気がしなかったw

  • 真似したい工夫が沢山(*^^*)
    お魚もおろせるようになろうと心に決めました…
    料理だけじゃなくて、この人の生き方そのものみたいなのも、いいなぁって思える物がありました。

    読み応えあり◎

  •  こんな調理法、発想、割り切り方があったのか! と目からウロコの本。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50011282

  • こぶじめ 塩振りこぶは一枚

    白子は10分蒸して酢醤油で

    枝豆は塩もみしおたっぷり、30分おいて蒸し器で蒸す

    オクラは10-15秒ゆですぐへたを切りめんつゆに

    鶏かわ3-4分ゆであくとり、冷水でしめる
    細かく切ってわさび醤油、ごま油、きゅうりであえる

    タイの皮むき
    熱湯を皮にチロチロと流し冷水

    タイではんぺん
    身をほぐし、すり鉢に塩、少々の片栗粉
    山芋を少しすってラップで10分蒸す

    うどん2人前
    小麦粉180ML小麦粉に対し4割の塩水 
    ゆっくり30秒分で30分休ませる
    それを5回
    新聞で伸ばしてきる
    伸ばすときはする

    せんべい
    残りごはんに同量の小麦粉入れて水を少し加え混ぜて焼く

    黄粉と同量のバターでピーナッツバターに

  • 思い込みに気づかされました。色々なハードルが少し下がったような気がします。

  • 美味しく健康的で安い料理方法がたくさん載っている。語り口調が読みやすくて良かった。イラストがもっといっぱい乗ってたら、もっと読みやすかったかも。

  • コスパ最高!

    料理をしない私がなぜか節約料理本を読みましたが、なかなか面白い。

    スルメや鰹節や昆布など乾物を上手く使って、だしの効いた旨そうな料理法が沢山載ってます。

    高くて化合物の入った加工品を買わなくても、ホンのちょっとの工夫で美味しい料理が作れそうです。

    しかも、内容が盛り沢山なので読み応えもあります。

    料理好きなら必見ではないでしょうか。

    かなりオススメです。

  • 食費を抑えるというよりも、日々の工夫によって、結果そんなにかからないということだ。納得。
    食費を抑えるエコレシピもあるが、それよりも常備菜をストックしたりして無理なく楽しく食事作りが回る、こういった生活が私も目標だ。

  • お金をかけずとも豊かに食生活が送れるということを証明してくれる良書。
    本書に載っていた野菜の皮でつくるきんぴらがお美味しくてお酒のつまみにもなって素敵です。

全29件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1956年、福岡県生まれ。食文化研究家。著書に『食のリテラシー』(こぶし書房)、『台所に敗戦はなかった――戦前・戦後をつなぐ日本食』(青弓社)、『食べかた上手だった日本人――よみがえる昭和モダン時代の知恵』(岩波書店)、『腸を元気にするレシピ109』(飛鳥新社)、『食ベ物の声を聴け!』(岩波書店)、『冷蔵庫で食品を腐らす日本人――日本の食文化激変の50年史』(朝日新聞社)、『うおつか流大人の食育』(合同出版)ほか多数。

魚柄仁之助の作品

ひと月9000円の快適食生活を本棚に登録しているひと

ツイートする