モリー先生の最終講義―「死ぬこと・生きること」

制作 : Morris Schwartz  松田 銑 
  • 飛鳥新社
3.43
  • (4)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870313545

作品紹介・あらすじ

筋萎縮性側索硬化症(ALS)-それは、全身の筋肉が動かなくなり、最後は「死」にいたる病だった…。「生きることの意味」を、最後の瞬間まで問いつづけたモリー先生の、魂の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先に読んだ「モリー先生との火曜日」ミッチアルボム:著のモリー先生ことモリス・シュワルツ氏自身からのメッセージである。
     「いかに生きるべきかを学びなさい。そうすれば、いかに死ぬべきかがわかるでしょう。いかに死ぬべきかを学びなさい。そうすれば、いかに生きるべきかがわかるでしょう。」とどちらの本にも書かれているモリー先生の語る中心的メッセージである。確かに心動かされるメッセージである。しかし、自分のものに今ひとつ出来ていない事に気づかせられる。思いの何処かで、今日と変わらない明日がくると甘えているか、健康であるがゆえに後回しにしている怠慢さなのだろう。

     本書は、「モリー先生の最終講義」とあるように講義的な淡々とした訳文で綴られる。モリー先生の生き方や数々のメッセージを身近に感じたいのであれば、「モリー先生との火曜日」の方をお薦めする。...が両方読んでこそ深みが増すので、こちらもどうぞ。

  • モリー先生との火曜日を読んだ後に読んでみると、全く違った視点から物事が捉えられて良い。

    これ一冊読んだだけでは理解しがたいものが多いかも。

  • 翻訳下手すぎじゃないか!?
    内容はそこそこイイのに、訳が機械的すぎて疲れる。。

    自分が一大事のとき、感情的になってるときこそ
    ・自分でジブンの傍観者になる
    ・出来事を記録する
    って内容には、納得。

    100%張り詰めなきゃいけないときこそ、弛みが必要なんだと思う。

  • ALS〔筋萎縮側策硬化症〕である社会心理学者が著者。
    自身を通じて“生きる意味を問う”

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする