百姓になりたい!

著者 :
  • 飛鳥新社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870313705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 農業とは、単なる農作業だけではなく、その地域との密接な人間関係の上に成り立っているということを、ひしひしと感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

今関知良(いまぜき・ともよし)
1937年生まれ。会社勤めをしていた48歳のとき、ふとしたきっかけで農業に目覚めた。1987年に脱サラ、千葉県に移住して有機農業を始める。何度も借地農業の限界にぶつかりながら、ついに1990年、徳島県の山川町に農地を購入、自給自足的な百姓生活に入る。
以後、執筆活動にも注力し、著書に「百姓になりたい」「それでも百姓になりたい」(飛鳥新社)、「脱サラ百姓背水の陣大豆づくり奮闘記」(東邦出版)、「虫嫌いの田舎暮らし」「今関さんちの自給自足的生活入門」(家の光協会)、「ボクはイジメられっ子?」(リトル・ドッグ・プレス)、「ほどほどに食っていける田舎暮らし術」(創森社)などがある。

今関知良の作品

ツイートする