「ケータイ・ネット人間」の精神分析―少年も大人も引きこもりの時代

著者 :
  • 飛鳥新社
3.21
  • (0)
  • (5)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870314467

作品紹介・あらすじ

インターネットという仮想現実の世界だけに許されていたはずの衝動を、そのまま外の現実の世界で発揮してしまったところに、高速バスジャック事件をはじめとする一連の不可解な少年犯罪のおそろしさがある。しかし、この心的状況は必ずしも少年だけに限らない。いまや私たち大人すべてが、この少年と同じように「ケータイ・ネット」に依存しながら毎日を送る時代が始まっている。少年たちの事件が私たち大人に衝撃を与えるのは、実はそれが大人たちの心の闇を露呈させているメッセージであるからにほかならない-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二者関係の二・〇に満たない関係性を「一・五」のかかわりと捉える。子どもと人形とのかかわりが一・五の代表例。「一・五」の関係の居心地よさに、そこに引きこもってしまうという。人との関係性が煩わしいとゲームなどの一・五の世界へ逃げ込む。要塞家族、ホテル家族など現代の家族を象徴するネーミングが登場。

  • 10年前からケータイゲームの恐れを忠告しているのにモバゲーやらグリーやらにどっぷり嵌まって金を搾り取られてヘラヘラしてるやつは一度家族に顔を見せろ。そして土下座しろ。

  • 10年前に書かれた本で、ケータイネットが普及したての話だが、今でも十分通用する。

    ネットに関するというよりも、引きこもりについて書かれていた。
    面白かったのは、一般的な引きこもりを外的引きこもり、普通に生活していても引きこもりの可能性があるのを内的引きこもりと区別して説明してる点。
    同調的引きこもり、冷たい優しさ、シゾイド心理は新たな発見であったので、読んだ甲斐があったと思う。

  • タイトルに惹かれた。
    引きこもりについて考えさせられた一作。

  •   非常に興味深い内容の多く詰まった1冊でした。
    引きこもりにしても「外的な引きこもり」の他に「内的な引きこもり」というのがあります。「内的引きこもり」は人にうまく順応し世の中と調子を合わせてやっていく滑らかな適応法。一見やさしいけれど、実はつめたく、人と表面上の関係しか結ぶことができません。摩擦や意見の衝突を最初からなくすよりも、それを解決していくことの方が重要だということを私たちは忘れている、もしくは知っていてもできなくなっているんじゃないでしょうか。「外的な引きこもり」のように目には見えないけれど、私自身もそうである「内的な引きこもり」の広がりを恐ろしく感じます。

      私たちは直接人と関わる機会をどんどんなくしています。
    それでもテレビなどの機械により退屈することなく過ごすことができます。機械相手というのは大変居心地がいい。なぜなら、テレビは消したい時に消せばいいし、飽きたらチャンネルだって替えられる。そこには人間的配慮が全くいりません。そういったものに慣れてくると、今度は人と関わるのがわずらわしくなったり、好ましくなくなります。結婚する人の年齢が上がっていることや、生涯シングルでいる人が増えていることは、こういった要因もある、という見方もあるんですね。なるほどと思うのと同時にやはり怖くなります。未来が不安。

      他にもやりたいことがわからないまま、親元に依存しながら過ごす「終りのないモラトリアム症候群」やヴァーチャルな世界が現実に感じ、もとの現実が空虚に感じるという「現実感の逆転」などについて実例を含め詳しくわかりやすく書かれています。読むことで危機感を覚えることのできる本です。ホラーじゃないけど、怖いです。

  • インターネット上のバーチャルな人間関係。
    一見、周囲とうまくやっているように見えるけれど、他人にひたすら同調することで深いかかわりを持てない「ひきこもり」="シゾイド人間”。
    …一者でも二者でもない、様々なかたちの、「一・五」の他人とのかかわり。

    自分と他人との付き合い方(ネット上でも現実でも)について、人間関係について見直すことができました。

  • 何か自分の話をされているように感じて,
    心が痛かった。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

小此木啓吾(おこのぎ けいご)

1930年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科助教授、同大学環境情報学部および医学部精神神経科兼担教授をへて、東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授、慶應義塾大学環境情報学部客員教授などを歴任。日本精神分析学会会長など数々の役職を務め、現在、日本の精神分析界を中心で担う優秀な臨床家を数多く育てた。2003年9月逝去。
著書に『現代精神分析1・2』『フロイト-その自我の軌跡』『現代精神分析の基礎理論』『日本人の阿闍世コンプレックス』『対象喪失』『自己愛人間』『心の臨床家のための必携精神医学ハンドブック』など多数。

小此木啓吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
レイチェル カー...
東野 圭吾
エーリッヒ・フロ...
村上 春樹
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする