本当に強い人、強そうで弱い人

著者 :
  • 飛鳥新社
2.95
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870314610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前の仕事の上司が、転職の際に餞別として頂いた本。

    冒頭の自我の強さの話はとても興味深い。
    そう言われてみると、私は特に「現実検討能力」が低かったように思います。
    脳の「罰系」の通り道は最近とても伸びている気がする。
    「報奨系」に工事していきたい。
    脳ってのは結構感情と繋がってるのだな、逆に感情ってのは脳と繋がりがあるのだなと面白いなと思いました。


    途中の徳川家康の話が印象に残った。

  • プレッシャーで心が苦しくなった時に読みたい一冊!

  • 正しいことが書かれてる本です♪
    自己肯定は親次第♪親に感謝☆
    たまには逃げよう♪
    コミットメントは、他の可能性を捨てること♪
    共依存はよくない♪

  • 自分をしっかりと持つ事、それが大事なのだな、と。

  • 人生で悩んだときに、読み返してみたい

  • あるいは、この人は気難しくて一緒にいると疲れるから、ちょっと距離を置いてつき合おうとか、逆に、この人は明るくて楽しい人だから、できるだけ一緒にいようなどとも思う。こういったことは、どれもすべて立派な学習である。

全7件中 1 - 7件を表示

本当に強い人、強そうで弱い人のその他の作品

川村則行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
劇団ひとり
スペンサー ジョ...
村上 春樹
ジェームズ アレ...
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

本当に強い人、強そうで弱い人はこんな本です

ツイートする