心の時代を読み解く―二十一世紀に宗教は必要か

著者 :
  • 飛鳥新社
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870315198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王子さまとキツネの会話を読み解いていくと、
    「心がその人を存在たらしめている」ということが、
    重要なテーマになっていることがわかります。
    星の王子様は子供の頃に読んだことがある・・・気がする
    なぜかあんまり印象に残ってないの

    だけれども、こんなにも深い物語だったのだね

  • 分類=天外伺朗。02年9月。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1964 年、東京工業大学電子工学科卒業後、42 年間ソニーに勤務。CD、ワークステーション「NEWS」、犬型ロボット「AIBO」などの開発を主導した。上席常務を経て、ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。現在、ホロトロピック・ネットワークを主宰、医療改革や教育改革に携わり、瞑想や断食を指導し、また「天外塾」という企業経営者のためのセミナーを開いている。
著書に、『日本列島祈りの旅1』(ナチュラルスピリット)、『創造力ゆたかな子を育てる』『無分別智医療の時代へ』(内外出版社)など多数。

天外伺朗の作品

心の時代を読み解く―二十一世紀に宗教は必要かを本棚に登録しているひと

ツイートする