本日の雑談〈1〉

  • 飛鳥新社
3.44
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870316089

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろいことはおもしろいのですが、話が、あっちこっちに飛びすぎて、やっぱりただの「雑談」だなぁと……。

    小林よしのりの対談は、意見が対立している人との方が、おもしろいのかも。

  • 雑談のわりに真剣に読める内容。
    雑談なので話題はかわるがわる、支離滅裂とまではいかなけれどまとまりはそこまでない。しかし、読んでみておもしろいと思う。

  • 小林よしのり氏と西部邁氏の雑談を書き留めた本。 905円! 巷にまきおこる時事についての本だが「どのように考えるべきか?」を示唆してくれるね。 (漫画は無いです。 活字だけの本)

  • 世間の関心事は、ニュースやTVや雑誌でさくっと確認。その後、これでふかーく考える。しかし、ある意味贅沢な本だ。

  • 思索する雑談、知的好奇心を満たしてくれる。大学教授と漫画家の組み合わせも面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

こばやし・よしのり◎1953年、福岡県生まれ。漫画家。大学在学中に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、ギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』(集英社)、『おぼっちゃまくん』(小学館)などの代表作を発表。1992年、『週刊SPA!』(扶桑社)誌上で世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論スペシャル』(解放出版社)、『戦争論』(幻冬舎)、『台湾論』『沖縄論』『天皇論』(いずれも小学館)などを発表し論争を巻き起こす。新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信。身を修め、現場で戦う覚悟をつくる公論の場として「ゴー宣道場」も主催する。現在、『週刊SPA!』にて『ゴーマニズム宣言2nd Season』を連載するほか、『FLASH』(光文社)で『よしりん辻説法』を、『小説幻冬』(幻冬舎)でも『おぼっちゃまくん』を連載中

「2020年 『ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林よしのりの作品

ツイートする
×