読んだ、飲んだ、論じた―鼎談書評二十三夜

  • 飛鳥新社
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870316850

作品紹介・あらすじ

歴史・風俗、文学・政治、経済・社会をそれぞれ専門とする現代屈指の書評の達人たちが、問題作・話題作を俎上にのぼせ、熟読玩味、談論風発、美酒・美肴を心ゆくまで味わいつつ繰り広げる、愉しき語らいの夜。さて、今宵は…最強の読み巧者による、「知」の饗宴。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

鹿島茂

一九四九(昭和二十四)年、横浜に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。二〇〇八年より明治大学国際日本学部教授。二〇年、退任。専門は、十九世紀フランスの社会生活と文学。一九九一年『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、九六年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、九九年『愛書狂』でゲスナー賞、二〇〇〇年『職業別パリ風俗』で読売文学賞、〇四年『成功する読書日記』で毎日書評賞を受賞。膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMA images STUDIO」を開設。書評アーカイブWEBサイト「All REVIEWS」を主宰。

「2021年 『パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鹿島茂の作品

ツイートする
×