夢をかなえるゾウ

著者 :
  • 飛鳥新社
4.01
  • (2315)
  • (1898)
  • (1789)
  • (160)
  • (52)
本棚登録 : 12547
レビュー : 2260
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784870318052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★あらすじ★
    仕事、趣味、生活何ととってもごくごくフツーのサラリーマン男子が、ガネーシャというゾウの姿をした神様と出会い、花マルな人生を送るために課題を一つ一つクリアしていく。その課題をこなせるようになったあかつきには…?
    ストーリー仕立てで展開されるので、スラッと読めちゃう成功本。

    ★Review★
    面白かった!!

    この本は少し前にブームになった本だということを全く知らず、
    図書館の最近よく読まれてますコーナーにあったので手にとりました。

    ガネーシャが憎らしくもかわいらしいしいキャラで、神様なのに少しダメなところもあるんだけど、言ってることはごもっとも。

    成功するための課題はどれもそんなに難しいことではなく、
    靴を綺麗にするとか、人にサプライズをするとか、なんだか日常ですぐ実践できちゃいそうなものばかり。
    しかし、これを続けるということが一番難しいのかもしれません!

    ガネーシャと主人公のやりとりがテンポよく、漫才コンビのようで
    可笑しかったです。

    過去の偉人の歴史の例もたくさんでてくるので、読むだけで歴史の勉強にもなります!!

    だらだらしちゃう毎日にスパイスをあたえてくれそうな一冊。

  • たわいもないシチュエーションだけど、すーっと心にしみこんでいくのがわかります

  • 成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。
    会社が終わったあとの自由な時間ちゅうのはな、自分がこれから成功していくために『自由に使える一番大切な時間』なんや
    しかし、そうした人たちのほとんどが成功していくことはありません。なぜでしょう?それは、何もしないからです。実行に移さないからです。経験に向かわないからです。もし、あなたが何かを実行に移すのなら、昨日までとは違う何かを今日行うのなら、仮にその方法がまちがっていたとしても、それは偉大な一歩です。
    成功しても、成功せんでも、気張って目標に向かって努力しても、つい誘惑に負けて寝てしもても、ワシ、自分のこと好きやで。

  • 勇気を持てるようになった。
    また少し勇気を忘れかけたら読んでみたいと思う。
    まずは掃除からっ!

  • 読みやすい、わかりやすい、面白い。
    ガネーシャ最高!

  • 自己啓発本の中では、ストーリー性があってとてもおもしろい!!
    みな似たようなことが書かれている。あとはそれを実行するだけ!!自分から何事も恐れず、経験することの大切さが分かる一冊。

  • 成功哲学が説かれているけれど、それだけではない。

    人の生き方も指南しているところが素晴らしい。

  • 本当に良い本。経営者を含め、全社員が読んでおくべき本。正しい生き方が書かれている

  • とにかく読みやすい自己啓発本。

    分かることと実践することには大きな隔たりがある
    ということが再認識。

    僕も楽な方向へ流されています。

  • 面白いし、とても読みやすかったので一気に読んだ記憶。実践してみるつもりだったのに、いつの間にかやめてしまった。あらら。

全2260件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢をかなえるゾウのその他の作品

夢をかなえるゾウ Kindle版 夢をかなえるゾウ 水野敬也

水野敬也の作品

ツイートする