シナリオ作法四十八章 (映人社シナリオ創作研究図書シリーズ)

著者 :
  • 映人社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871002110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロのシナリオライターを志す人のためのシナリオ入門書。
    昭和60年初版というちょっと古めの出版ですが、
    今でもまあ十分通用する内容となっています。

    基本技術の確認のために
    手元に置いてたまに読み返したい本です。

    筆者は舟橋和郎というプロのシナリオライターで
    代表作に『きけ、わだつみの声』があるらしい。

    シナリオの技術論がいろいろと展開されていますが、
    個人的には「シナリオは有機体」という言葉が印象に残りました。

    ドラマはいろんな要素が複雑に絡み合って
    影響し合いながらできてるわけだから、
    部分を直すにしてもどうしたって
    全体に影響してくるんです。

    企画会議とかで
    「もう一つ、盛り上がらないね」
    「もう一つ、芝居が書けてないね」
    といわれて直しになるんだけども、
    これってマジ大変なんだろうなあ。

  • これはなかなかいいです。もうすこしくわしく時間があれば書きたい。

全2件中 1 - 2件を表示

舟橋和郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シナリオ作法四十八章 (映人社シナリオ創作研究図書シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする