さる・るるるspecial

著者 :
  • 絵本館
3.39
  • (3)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784871100205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 254
    カスみたいな本だった
    もうシリーズにすればなんでもよし 意味がマジでわからないページとかあったし

  • 前2作のほうがおもしろかったかな。

  • 『さる・るるる』第3弾

  • 友人に「出産祝い」に貰ったものです。

    赤ん坊が産まれたばかりなのに?と一瞬思いましたが(そして彼女自身もそう思っていたそうなのですが・笑)、

    「友だちに子どもが生まれたらゼッタイにあげたいと思っていた」

    本だったそうで、よだれかけ数点と一緒に三冊セットで頂きました。
    大事にとっておいて、初めは読み聞かせ、今では王子お気に入りの一冊です。

    言葉遊びの本なので、リズムよく楽しく歌うように♪
    親子でどうぞ〜。

    五味太朗さんは色々な雰囲気の絵をお持ちの方ですが、ワタシはこういうタッチの絵が一番好きです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

ツイートする