さる・るるる

著者 :
  • 絵本館
3.56
  • (45)
  • (47)
  • (111)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 534
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親が面白い♪娘には少し早すぎ。ただ理解できるようになったら絶対喜ぶと思う。シリーズたくさん出てるのも納得です。(1歳1ヶ月)

  • 3分

  • シンプルだけど、奥深い。かわいい。
    一瞬、なんだっけ?と考えちゃうこともある。
    楽しい。

  • 絵と発想が楽しい‼️

  • 29年度  29-仲よし
    3分

  • さるの絵がとってもかわいいし、言葉の使い方も上手で気に入りました。
    ですが3ヶ月の息子にはまだ良さは伝わらなかった様子。
    全部ひらがなの本なので、字を覚えた頃に読ませてみたいと思いました。

  • 息子が自分ひとりで読もうと意欲を見せた記念の一冊。数少ない言葉で物語がちゃんと完成しているのがすごい。さすが五味太郎。

  • 昔から気に入っています。何年経ってもくすりと笑えるおもしろさ。

  • 2011/10/21

  • 2歳。そこそこ見ていた。さくっと読める言葉(主に動詞)を覚える本。

    「さる くる」「さる みる」など「さる ~る」という言葉で埋められている。言葉を覚えたてで、真似するのが好きな子に良い。しかし、あまり使われない動詞も多少出てくるので、多少の違和感はあり。

    字が白いので、寝る前の少し暗い中で読むのは見ずらかった。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

さる・るるるを本棚に登録しているひと

ツイートする