みんなそれぞれきのいいなかま

著者 :
  • 絵本館
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おむすび! おむすび!」と、2歳11ヶ月の姉姫が、図書館の平棚に展示してあったのを借りてきた絵本。
    ただ、どちらかというと五味太郎の絵と詩を楽しむ感じの内容だったので、ストーリー性が薄く、姉姫としては、いまいち面白くなかったみたいです。
    見開きで描かれる一つ一つの物語にも、想像力がついていかない感じ。
    そして次のページではまた違うお話、という感じだもんね。

    それはそうとして、表紙上段右端、姉姫はこれをテレビだと認識しませんでした。ジェネレーションギャップを感じます(ほろり)

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1945年、東京都生まれ。絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類 の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

ツイートする