でんわでおはなし

著者 :
  • 絵本館
3.74
  • (6)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100366

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初期の五味太郎は絵が丁寧でかわいい。しかし、この頃からアイデアマンでひとつのアイデアにつき一冊というスタンスで描いている。物語自体もあたたかくて、五味太郎の若々しさがにじみ出てますね、なんて。電話の色がさわやかで好きです。

  • 女の子が電話で今日のお出掛けの報告をしています。
    受話器のコードが次のページへ次のページへとお話と一緒に続いています。
    最後に電話の相手に繋がっているとってもかわいい絵本です。

  • 女の子が、今では懐かしい電話機でおしゃべり。
    文字も電話線の上を踊って、
    電話線は女の子の旅を形作り、
    そして最後に繋がっているのは・・・

    意外な展開もあり、大人でも不思議と惹かれる一冊。
    息子は一発で夢中!
    五味太郎さん、やっぱり素晴らしい♪

  • でんわがアナログだが、この電話線がえになっていくところが、五味太郎さんっぽくてよい。犬はレストランにははいれないかあ。

  • とぎれない緑の線。それにひっぱられる流れの良さ

  • リモコンや、積み木など、しょっちゅうものをつかんでは耳にあて、宇宙と交信している娘。

    女の子が電話であったことをお話しする絵本。電話のお相手は・・・?

    娘も一緒になって耳に手を当て通話してます。

  • ある日の楽しかったピクニックのことをでんわでおはなしする女の子。その相手は...?押さえ目な色使いと共に、ほっこりする一冊です。

  • 五味太郎

全8件中 1 - 8件を表示

五味太郎の作品

ツイートする