クリスマスにはおくりもの

著者 :
  • 絵本館
3.82
  • (25)
  • (34)
  • (40)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 543
感想 : 46
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100380

作品紹介・あらすじ

プレゼントをもらうのが当たり前になってしまったこのごろのクリスマスですが、この絵本が描いているのは「贈るたのしさ」です。わが子もこんなふうに成長してほしいとおもうそんな絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 《本屋》【再読】サンタさんも、クリスマスプレゼント貰うと嬉しいよね。

  • クリスマスに子どもはサンタさんから贈り物をもらう。

    サンタさんが子どもの家に行きます。

    ベッドの横のくつしたにプレゼントを入れようとすると

    おや?

    中に何か入っています。

    クリスマスに子どもからサンタさんへの贈り物でした。

    与えられる喜びや誰かに想われる歓び、
    与える喜びや誰かを想える歓び、
    どちらもあるから素敵なのかもしれない。

    そんなふうに思える本です。

  • 五味さんのホンワカとした絵柄は
    クリスマスにはよく合う気がする。
    女の子とサンタさんの
    靴下交流がなんともほのぼの。

    実はサンタが身近にいるかも…
    って思える本。

  • 個人的には好き。サンタさんにほっこりする。
    子供にクリスマスのときに読み聞かせたい。

  • 「プレゼントをもらうのが当たり前になってしまったこのごろのクリスマスですが、この絵本が描いているのは「贈るたのしさ」です。」

  • 一歳になる娘のために購入。
    女の子が、サンタさんにプレゼントを貰うだけではなくお返しも用意してあげる、という心温まるお話。このような優しい子になって欲しいと思いながら、何回も読み聞かせしてます。
    五味さんは沢山持っているが。特にお気に入りな一冊。

  • £1

  • 3分5秒
    202312 1-1

  • 優しい気持ちになれるやりとりがとても素敵でした。
    最後のページの仕掛けに、子どもが気付くのはいつになるか楽しみです。

  • サンタクロースだって、プレゼントがほしいよね。
    いつももらってばかりの女の子はサンタクロースにプレゼントをよういするの。
    さいごのばめんが、ファンタジーでいっぱい!(ちいさな帆)

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

五味太郎 1945年生まれ。工業デザイナーを経て絵本の世界へ。サンケイ児童出版文化賞、東燃ゼネラル児童文化賞、ボローニャ国際絵本原画展などで数多くの賞を受賞。絵本に『きんぎょが にげた』『かぶさん とんだ』『さんぽのしるし』『ばったくん』『みんなうんち』『からだの みなさん』『どこまで ゆくの?』『にているね』(以上、福音館書店)『まどから おくりもの』『仔牛の春』『つくえはつくえ』(以上、偕成社)『かくしたの だあれ』『たべたの だあれ』(ともに文化出版局)『さる・るるる』(絵本館)「らくがき絵本」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。絵本論『絵本をよんでみる』(平凡社)、絵本の仕事をまとめた『五味太郎 絵本図録』(青幻舎)がある。

「2023年 『おでかけ版 ひよこは にげます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×