妖怪遊園地

著者 :
  • 絵本館
3.94
  • (6)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5/12

  • 3歳7ヶ月男児。
    お母さん?から頼まれた手紙の投函のおつかいに出かけて、遊園地に押し込まれる。
    富士山?の見える遊園地ということで、富士急ハイランド(トーマスランド)みたいだね、とのこと。
    最近大好きな忍者が手裏剣を投げて、刀ではじき飛ばす絵で盛り上がった。

  • そこのポストで大丈夫?と心配になったけど、裏表紙見たらこのポストで正解だったんだなw
    ロックロックビの新曲のところで無駄にテンションが上がるw

  • 「ばばじージャンプ」など ギャグ満載の 遊園地。

  • 2013年4月26日

  • 行ってみたいです。すごく楽しそう。

  • 大蛇っとコースター最高!

  • 男の子の元に妖怪遊園地からの招待状(葉書)が来る。
    いろいろなアトラクションがあって見ているだけで楽しい。
    最後、男の子はまたポストに葉書を入れるのだった。

    開いたときに妖怪横丁の作者だな、と分かった。
    ごちゃごちゃしているとも言うけれど、にぎやか。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1955年東京生まれ。セツ・モードセミナー研究科卒。グラフィック・デザイナー、イラストレーター。主な絵本作品に、『妖怪横丁』『妖怪交通安全』などのユーモア妖怪シリーズ(絵本館)、『ばけまつり』(佼成出版社)、『ぼくの でんしゃ でんしゃ!』(宮本えつよし・作、教育画劇)、『ミライのミイラ』(くすのき しげのり・作、瑞雲舎)、『まよなかのほいくえん』(いとう みく・作、WAVE出版)、『ばけれんぼ』(PHP研究所)などがある。

「2015年 『ちょんまげとんだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広瀬克也の作品

ツイートする