さんにんサンタ

  • 絵本館
3.29
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 落ちこぼれ サンタクロースの 心暖かい プレゼント♪

  • [江戸川区図書館]

    クリスマス特集のコーナーにあった一冊です。
    お風呂がたまるまでの間に、これそんなに長くないよと持ってきた本。そう、確かに児童用のハードカバーの本なんだけど、実は絵本以上に文字が少なめなので、一人読み始めの頃にもオススメかも、な本でした。

    最初に三人サンタのサン・タク・ロースの紹介があったとき、全部紹介されてから、あれ?それぞれの好きなものが紹介されて、私が二人目のプレゼントの音を当てたら、あれ?

    まだまだ事前読みはもう一息かな、でも言われればあれ?と気づくほどには成長してるね。

  • やることがちぐはぐだったりするようでも結果オーライの三人のサンタの様子が楽しいです。

  • チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2009/07/17
    チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて、2回目

  • 三人で一人前の
    サン・タク・ロース

    ひとりに3つあげちゃったり
    あげなかったりする

  • 図書館で借りてきた本。
    3人で一人前の劣等サンタクロースだけど、誰がいい子かわかってる。
    サンタの基本はしっかりわかってるんですね。
    ほっとした。

  • サンタ学校のサンとタクとロースは3人で一人前のサンタクロース。
    それぞれ好きなものが違って1人の子どもにそれぞれプレゼントをあげるものだからプレゼントをもらえない子どもも。
    でも、実はプレゼントを3つもらう子どもはその年とってもいい子だったとか。
    だからその町の子どもたちはみんな自分がもらえると期待している。


    色数が少なくて絵も単純でかわいい。

  • みにぴ ミク氏 2011.11.13

  • 三人のサンタ、サンとタクとロースは、サンタ学校の落第生だ。動物好きのサンはプレゼントに動物を!乗り物好きのタクはプレゼントに乗り物を!楽器好きのロースはプレゼントに楽器を!といつも大ゲンカ。それで、プレゼントを3つあげる子や、足りなくなってもらえない子が出る始末。だけど必ずイイ子には、プレゼントが3つ来る。だから街の子ども達はクリスマスが近づくと、プレゼントを3つ願って待っている。クリスマスの原点が、いとうひろしワールドで描かれている。

  • 3人組のサンタクロースのおはなし。
    実は、サンタ学校の落第生。
    「サン」と「タク」と「ロース」の三人組。
    3人合わせてサン・タク・ロース
    3人そろって1人前。

    でも、3人は個性バラバラ。
    動物好き・のりもの好き・音楽好き。
    だから、クリスマスのプレゼント配りは
    大げんかになっちゃう。

    だって、3人の配りたいモノは
    バラバラだから…。
    ヒトリに1つのプレゼント。
    決まりを破っちゃって
    ヒトリに3つのプレゼント。

    ふふふ{/kaeru_en3/}
    ヒトリに3つっていい〜な〜。

    でもっ。なぜだか、分かっててなのか…。
    良い事をしたり、頑張ったり
    トクベツの子どものところに
    この3人サンタは、やってくる。

    今年も、もうすぐ
    クリスマス。

    いつもよりも、ちょっと頑張ったり
    良い事もたくさんしたら、
    3つのプレゼント
    届くかな〜? ? ?

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。大学在学中より絵本の創作をはじめ、1987年、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』でデビュー。ユーモラスで温かみのある作風の絵本や幼年童話を発表しつづけ、幅広い読者に支持されている。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(国際アンデルセン賞国内賞、産経児童出版文化賞)、『おさるのもり』(野間児童文芸賞)、『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社出版文化賞絵本賞)、「ごきげんなすてご」シリーズ、『おつきさまのやくそく』など多数がある。

「2017年 『おさるのよる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうひろしの作品

ツイートする