なにをたべたかわかる?

著者 : 長新太
  • 絵本館 (2003年11月1日発売)
4.17
  • (32)
  • (25)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :213
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101400

作品紹介

さかながどうしてこんなにおおきくなったのか、ねこにはさっぱりわからないんだよ。さかなのそばによると、たべられるからあぶないのに、ねこはしらないものだからへいきなの。

なにをたべたかわかる?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シュールな絵本と言えば筆頭にあがりそうな長新太さんの、作品。
    ちょっぴりブラックで、あまりのナンセンスな展開に抱腹絶倒。
    表紙の猫さんがぷっくぷくのお腹をしているが、何を食べてこうなったかは読んでみるしかない。
    そして、ぷっくぷくのそのわけが、なんとも笑うしかないのだ。
    そんな馬鹿な・・の繰り返しが続いて、子どもたちが笑うこと笑うこと。
    素話の「ついでにペロリ」に似ているが、あの猫さんのような怖さはない。
    こちらはずうっととぼけているのだ。
    だってこの猫は、釣った魚が自分の頭上で何をしているか、ぜーんぜん知らないんだもの。

    最後のページの「ねこがたべたのは さかなだけではないんだよ」を、
    深読みする人もいるだろう。
    長新太さんの本は時に哲学的だし、人間はこの猫よりもはるかに悪食なのだから。
    でも子供向けの作品だもの、明るくからっと笑い飛ばして読みたいものだ。
    男の子の方が明らかに喜び、約5分間笑いがたえない。
    年中さんから。
    最後まで読んだら、はじめに戻って「何を食べたのかな?」って探してもいいね。
    ただ、このシュールさが理解不能の方もいらっしゃると思うので万人向けではないかも。

  • 長さんにしたら

    かなりストレートな直球、「食べる」ことが

    語られている絵本だと思った。

    そこには、ちゃんとユーモアがあって

    押し付けがましくないも、長さんらしい。

  • ねこはすごい!
    長新太さんだもの、なかなかシュール。
    3歳児の読み聞かせに使えるかなあ・・・
    先生は嫌がるかしら?

  • 本を自分ではあまり読まない小学校1年生に読み聞かせ。表紙を見せた段階では乗ってこなかったけど、読み始めたらケラケラ笑いながら聞いていた。

  • 猫がお天気の良い日に一匹の魚を釣りました。持って帰る途中で魚がパクパクと通りかかった動物を食べてしまいます。その魚を猫が食べます。さて猫はなんとなんとなんとなにを食べたでしょう。
    わたしはキャベツくんよりこっちの方が好き。
    安定して子どものノリが良い。

  • 子供が何度も読んで笑っている。
    一度読んだ後、何をどの順番で食べたかを当てる遊びをしたのも楽しかった。

  • ナンセンス絵本。モノトーンなのと、サイズ感が小さめなので、とっても面白いんだけど大人しめな印象。

    語り口調が独特で、子供がそれをとても気に入っていました。

  • 2011/2/9

  • さかなさんがたべるところがこわかった

    おもしろかった?:★☆
    すきだった?:★
    またよみたい?:★
    だれかにおしえたい?:★

  • うふふふ・・・・怖い!!
    でも これが自然の摂理

    読み聞かせに向くかな?
    大勢では ちょっと ブラック?!

    でも 誰かに読んであげたい。
    そんな 味のあるお話でした。

    さすが 長 新太

全40件中 1 - 10件を表示

長新太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
くすのき しげの...
マイケル・グレイ...
レミー チャーリ...
中村 牧江
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
エリック カール
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なにをたべたかわかる?に関連する談話室の質問

なにをたべたかわかる?を本棚に登録しているひと

ツイートする