おかあさんのパンツ〈2〉

著者 :
  • 絵本館
4.10
  • (12)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101493

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生に大ウケだったので、2,3と続けたものか…(笑)。

  • 発想が楽しい絵本。

  • 長女:2歳10ヶ月。

    長女 ★★★★★
    ママ ★★★★★

    またオチあり。

  • シリーズで読みたい。

  • 1歳半健診のおすすめ

  • 2012年度  青空
     

  • 「おかあさんのパンツ」シリーズ3冊を一気読みしました。

    どんなおハナシかなーと思ってめくると…おハナシというより、ちょっとした知育本の連想ゲームのような本で、小さな女の子のパンツをお母さんがはいたら、パンツの絵柄がどのように見える(大きくなる)かという事例がひたすら出てくる本です。

    ただ出てくる結果を受け入れて読むのもありですが、きっと3歳以上くらいの、自分で当てっこできる頃がベスト。今回は3歳の息子と当てっこができたので良かったです。

    最後のオチ?で、「なるわけないでしょ!」と突如お母さんが出てきてプンッ!て怒っちゃうのですが、最後のページの小窓ではふふっと微笑んでいて、息子が「なんでお母さん(怒ってたのに)笑ってるの?」と聞いたのが面白かったです。

  • 2011年度)1緑 5白 3青 6白 4赤 2赤、6緑、1赤、4白、3白

    どの学年で読んでも、笑ってくれます。

  • とっても面白かったようで、1日に何回も何回も読みました^^
    なるほどなぁ 私もそうなるだろうなぁ 想像するとちょっと困るけど面白いです♪

  • 「おかあさんのパンツ」に続いて最高です。
    読み聞かせにはピッタリ!!
    (特にトレーニング中の子供さん。)

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1967年、愛知県名古屋市生まれ。三重県四日市市にある子どもの本専門店、メリーゴーランドが主催する「絵本塾」で絵本創作にとりくみ、2000年にデビュー。作品に『やせいりょうりこうえん』(偕成社)、『きみのえほん』(文溪堂)、「おかあさんのパンツ」シリーズ(絵本館)、『まねしてあそんで だっこでぎゅっ』『いっしょにさわって みーんなにっこり』(ひかりのくに)、『もしもーし』『ぽかぽかすずめ』(アリス館)、『いろいろたまご』『いろいろごはん』『いろいろおすし』『あいうえおべんとう』『おやすみなさい ネムネムちゃん』(くもん出版)などがある。

山岡ひかるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
かがくい ひろし
モーリス・センダ...
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする