おならうた

著者 :
制作 : 飯野 和好 
  • 絵本館
3.89
  • (34)
  • (23)
  • (34)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 294
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷川俊太郎の語感と、キモカワな絵がぴったりマッチ。なぜか明治時代?調

  • 変!だけど、はまるみたい。

  • 2009/2/18
    2010/11/10(合唱)

  • 絵のインパクトがすごい!
    話もオナラなので、インパクトがすごい!!
    また、文のリズムが良くて、インパクトがすごい!!!

    とにかく、インパクトありまくりの1冊でした!

  • ◆きっかけ
    21世紀美術館の図書室で。
    ◆感想
    1歳の娘に読んでみた。が、反応イマイチ。出先で読み方に照れがあったからかな?こういうのは思いっきり読んだほうが楽しい。2016/9/24

  • 「おなら」は、子どもなら食いつきやすいキーワード。

    ぶッ!ぷッ!と大爆笑できる!!

    ただ、絵が苦手・・・

  • 文章が簡単で子供にも読みやすい!

  • いもくって ぶっ
    くりくって ぼっ
    あるいて びっ

    いろいろなおなら。
    すかしっ屁とか、立ったときにおならが出るとか…。
    色々な場面でのおなら。
    よく観察している。
    言葉もリズムがいい。

    おならばっかりで下品な気もするけれど、笑える。

  • 2014/06/10 2-1

  • 濃い。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリー カ...
長谷川 義史
A.トルストイ
酒井 駒子
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印

おならうたを本棚に登録しているひと

ツイートする