おじさんあそびましょ

著者 :
  • 絵本館
3.35
  • (3)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アザラシと人間のおじさんが小さな岩の上で、鬼ごっこしたり、かくれんぼしたり、お昼寝したりしながら一緒に一日中過ごす絵本。
    なんてことない話ですが、ところどころにクスリと笑えました。オチも好きです。

  • “鬼ごっこ”
    “かくれんぼ”
    …その発想はなかった。
    天才奇才。

  • ほのぼのと、というより何だか孤独なたましいを感じる一作。

  • 2011年度 1青

  • 2011.6教師読み聞かせで賢也先生に紹介。

  • 長新太さん大好きです!
    力強く、妙に説得力のある絵はもちろんですが
    この絵本はストーリーのシュールさにかけては
    ピカ一です!
    おちび(2歳)も大変気に入って
    「おじちゃん、あそびまちょ!」
    とせがんできます!

  • 広い海の中で、人間のおじさんと遊ぶぼく。
    最後にやられました。

  • 2分くらい。あざらしが、自分のおじさんに似ている人間の「おじさん」と遊びます。なんじゃこりゃ?な絵本。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1927 年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍する。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』( 文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』( 小学館絵画賞)、『はるですよふくろうおばさん』( 講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』( 絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』( 日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』( 絵本にっぽん大賞・文研出版)、『ぼくはイスです』(亜紀書房)など多数。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。2005 年没。

長新太の作品

ツイートする