いいからいいから〈3〉

著者 :
  • 絵本館
3.97
  • (40)
  • (31)
  • (32)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 310
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871101707

作品紹介・あらすじ

おこってはいけない。だれかがおこるとだれかにでんせんしてだれかがまたおこる。それがまただれかにでんせんしてなーんにもいいことない。せかいをへいわにするほんきのあいことば「いいからいいから」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第3弾。貧乏神と福の神が登場!泥棒に入られたり財布を落としたり会社が潰れたりと、貧乏神を家へ連れてきた効果は絶大(笑)しかしそれを嫌がらずただ感心するおじいちゃんはもっと大物(O_O)!「いいから、いいからー」という言葉でどんな不幸も気にしないおじいちゃんに、とても和んだ(*´ω`*)貧乏神の代わりにやってきた福の神ですが、貧乏神と一緒だと効果は相殺されるのね(-∀-)結局貧乏のまま、リストラしたお父さんは屋台のラーメン屋開業(笑)二人の神は宇宙船へ……。すごいラストだΣ(-∀-)

  • 図書館

  • これもなんとか楽しい

  • 図書館で借りて読み。
    貧乏神にも鷹揚な態度で接するおじいちゃんが素敵。

  • ふくのかみがハートだらけで、おじいちゃんがおどろいたよ。ボクもおどろいて、ふくのかみさんが、ほほほほほとわらったので、すごい人だとおもった。

  • 20160419 朝3年生
    20161220 朝4年生

  • 2015.07 4-3

  • 15/12/30

  • 処方箋:あせらずしっかり休んでみませんか

  • 978-4-87110-170-7 24p 2010・6・? 7刷

全41件中 1 - 10件を表示

プロフィール

長谷川 義史(はせがわ よしふみ)
1961年、大阪生まれの画家、イラストレーター、絵本作家。 グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、絵本デビュー。独特のタッチとユーモアあふれる作風で、あたたかな世界を描く。日本でもっとも注目されている絵本作家。『ぼくがラーメンをたべてるとき』(教育画劇)で、日本絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)でMOE絵本屋さん大賞第1位。絵本の翻訳も多数手がけている。三人の男子の父。

長谷川義史の作品

いいからいいから〈3〉を本棚に登録しているひと

ツイートする