キャプテン翼 全21巻 (コミック文庫)

著者 :
  • 集英社
4.15
  • (7)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784871188845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろい
    けど、人間離れしてるので★3

  • すっかりネタ扱いされてしまったが、無印は至高

  • 「俺が天才、ファン・ディアスだ!」のディアス君が大好き。彼になりたかったというか、現在進行形でなりたい。
    日本では井沢君の存在が好きだったな。南葛の影の実力者的なポジション。
    子供にまず一番に読んでもらいたい漫画。

  • 中学生の頃に大ハマりし、すでに30巻位出てたのに
    一気買いしました。中学生なのに一気買い・・・。

    何故か、敵の若島津、日向、松山等が好きになりました。
    皆、頑張ってるのに翼には勝てなくて本当に気の毒でした。
    人間努力だけじゃ駄目なんじゃい!って感じの漫画でした。

    サッカーブームの原点じゃないでしょうか?
    母がテレビで翼くんのオーバーヘッドが
    遠い崖の上から神社まで飛んだのを見て感動してました。
    本当にできると思ったみたいです。

    今の続編は見てません。
    大人になった皆も気になりますが・・・

    相変わらず、翼君だけいい展開なのかしらん。

    一度だけでも、読みとおして貰っても良い作品だと思います。

  • 登録日:5/10

  • もう、これなくして王道は語れません(笑
    今でもすべて読んでます!

  • サッカーする人はみんなほとんど読んでいると思います。特に今の日本代表の世代はみんな読んでいると思います。これを読んだからみんなうまくなったのかもしれませんよ。

  • いまの日本サッカーの飛躍の元になったのは、間違いなくこの世代から!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

高橋 陽一
1963年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。武蔵野美術大学造形学部教授。日本教育史(国学・宗教教育)を専攻。著書に『新しい教育通義』、『造形ワークショップを支える ファシリテータのちから』、『美術と福祉とワークショップ』、監修に『ワークショップ実践研究』、共編著に『道徳科教育講義』、『新しい教育相談論』、『造形ワークショップ入門』、『新しい教師論』、『新しい生活指導と進路指導』、『造形ワークショップの広がり』(いずれも武蔵野美術大学出版局)、共著に岩波書店編集部編『教育勅語と日本社会』(岩波書店、2017)、教育史学会編『教育勅語の何が問題か』(同、2017年)、駒込武/奈須恵子/川村肇編『戦時下学問の統制と動員 日本諸学振興委員会の研究』(東京大学出版会、2011年)、東京大学史史料室編『東京大学の学徒動員・学徒出陣』(同、1998年)、寺﨑昌男/編集委員会編『近代日本における知の配分と
国民統合』(第一法規出版、1933年)ほか。

「2018年 『特別支援教育とアート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋陽一の作品

ツイートする