言論のテロリズム―週刊新潮「捏造報道事件」の顛末

著者 : 山本栄一
  • 鳳書院 (2001年12月発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871221245

作品紹介・あらすじ

97年「第三回・編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の「スクープ賞」に選ばれた週刊新潮の記事が、実は日本マスコミ史上空前の「やらせ事件」だった。週刊誌の記者が事実無根のスキャンダル捏造に加担しただけでなく、訴訟の起こし方、記者会見の段取りに至るまで詳細に仕掛けていた。前代未聞の「信平狂言事件」これはまさに「言論のテロリズム」だ!

言論のテロリズム―週刊新潮「捏造報道事件」の顛末の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 版元は某宗教団体の関連企業。なんで我が家にあったのか不思議。捏造はいかんが、感情的な文章にうんざり。

全1件中 1 - 1件を表示

山本栄一の作品

言論のテロリズム―週刊新潮「捏造報道事件」の顛末を本棚に登録しているひと

ツイートする