安藤忠雄建築手法

  • エーディーエー・エディタ・トーキョー
3.39
  • (6)
  • (12)
  • (34)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871406635

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 敷地に赴き、スケールと周辺状況とを確認した時点で、ほぼイメージは固まっていた。

    身体に残っていた感覚だった。

    意思伝達の是非が、建築の出来を左右するのであれば、どのようなシステムを設定するか、意識的に戦略として考えなければならない。図面の密度、表現から、言語の使い方、連絡の方法、全てに建築家の意思を徹底させた。

    何を知らないかも把握できない、これは不安な状況ですよ。それをどれだけ自分なりに補っていけるか、常に考えていたんです。建築を学ぶのに、旅を繰り返してきましたから、移動時間には、旅の目的に沿う本を読むなどして、感性と知性と、両側から建築を理解しようと。

  • 建築家 安藤忠雄さんの本。
    「住吉の長屋」から直島の「地中美術館」、そして「表参道ヒルズ」など安藤さんが設計された建築が、どのような考えで作られたのか分かります。

    掲載されているインタビュー、アイデアスケッチ。
    ここから安藤さんの現代建築に対する思い、社会問題、そして安藤さんの情熱が伝わってくるでしょう。

  • 安藤忠雄一気読み三冊目。
    90年代までの経歴を二川と対話形式で丁寧にたどる。どの本を読んでも原点は同じで、一貫した主張をしていることに驚いた。スタンスとして確立しているからなのだろうか。

    「対話する相手がおらず、常に自分で考えていたので、正しいかどうか不安だった」ということにも驚く。一度だけ聴いたことのある講演では、堂々と話しておられていたため、微塵も感じていないと思っていた。成果については不安に思っても、考え抜いていたことには責任を負うという意思があった。

    1976年にまとめられたの最初の論文が掲載されている。初めての富田邸含め三作の住宅を引き合いに、現代における住宅のあり方を論ずる。ここでは人体を記号や部品の様に扱う資本主義から解放し、時には生々しい生命活動を行う場として、住宅を位置づける。そのためには資本主義の生み出した情報過多な都市に対し、拒絶したシェルターでなければならず、例外として唯一天に向かって救いを求めるものである。これらは、開口の少ないファサードと天井吹き抜けとして、形にされている。都市に対して拡大・均質化に悲観的であり、この拡大・均質化に対する抵抗としての住宅のあり方から一連の作品には『ゲリラ』が名付けられている。

    この都市に対する悲観が、特に印象に残っている。まず一つは、都市のスケールへの展開を考えていないこと。そして悲観であること。後者は全共闘に強く衝撃を受けたと何度も述べていることからもわかるように、既存システムの批判・懐疑が設計活動の根底にあるのだろう。

  • サイン本をゲット

  • 安藤忠雄の建築に対する考え方が凝縮された1冊!!
    超おすすめです☆

  • 独学で建築を学び、世界的に有名になった、その事実で非常に興味を持った”安藤忠雄”について知ろうと、買った本です。インタビューを通して語られるその考えには、クリエイティブに関わる仕事についてのヒントがゴロゴロしています。”表現”することをどう考えていくか、建築に収まり切らないその内容は非常に勉強になりました。

  • 2冊あるから1冊いらんわ

  • とどのつまり建築とは哲学であり思想であり宗教みたいなものかもしれない

  • 安藤 忠雄, 二川 幸夫 / エーディーエー・エディタ・トーキョー (2005/02)

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

安藤忠雄
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章、2015年イタリア共和国功労勲章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。主な著書に『旅』『家』(住まいの図書館出版局)、『安藤忠雄 建築を語る』(東京大学出版会)、『安藤忠雄 連戦連』(東京大学出版会)、『建築に夢をみた』(日本放送出版協会)、『ル・コルビュジェの勇気ある住宅』(新潮社)、『安藤忠雄 建築手法』『安藤忠雄 住宅』『安藤忠雄 都市と自然』(A.D.A. EDITA Tokyo)、『建築家 安藤忠雄』(新潮社)、『私の履歴書 仕事をつくる』(日本経済新聞出版社)等がある。

「2017年 『安藤忠雄 建築家と建築作品』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤忠雄建築手法のその他の作品

安藤忠雄 建築手法 単行本 安藤忠雄 建築手法 安藤忠雄

安藤忠雄の作品

ツイートする