安藤忠雄 住宅

著者 :
  • ADAエディタトーキョー
3.95
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871406727

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20140528読了
    建築家・安藤忠雄による住宅作品のまとめ。1970年代から2011年現在までに携わった住宅の外観が掲載されている。●コンクリート打ちっぱなしの家。庇がなくて、網戸がなくて…「私の作る家は住みにくい」と言う。工夫して住みこなす覚悟が居住者に求められる。生活の中にちょっとした「不便」が転がっているとあーあと思いながらもこれをなんとかしてやろうと知恵を絞る、そこにおもしろさがあって自分が施した工夫とともに家への愛着も増加する、それは理解できるし共感しなくもないんだけれども…うーん…いくら世界的建築家が作ってくれたとしても、やっぱり住みにくい家は嫌だなぁ、と思うのは凡人だからだなきっと。私は庇のある木の家が好き。●そうそう、著者が双子だという事実に驚く!

  • なぜ、住宅の設計を続けるのか?

    住宅は、企画から基本設計、実施設計、現場監理、そして完成後のメンテナンスと、
    建築が出来上がっていくプロセスを、
    一人の設計者の手でコントロールすることができる仕事。

    夢と実現のせめぎあいを戦い抜いてつくりあげていく。

  • 「・・・日本も50年代は、貧しくとも燃えていました。菊竹清訓さんの<スカイハウス>なんか、まさに夢と希望に満ち溢れていますよね。あの燃え方が、今の日本にはない。綺麗な住宅は一杯できるけど・・・。私は燃えている日本の建築をもう一度見たい。それができるのが、個人の夢を形にして、建築の面白さや豊かさを教えてくれる住宅だと思うのです。」

  • 安藤忠雄の哲学、
    今に至るまでの過程を
    これまで手がけた住宅建築を軸に
    つぶさに語っている一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

安藤忠雄
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章、2015年イタリア共和国功労勲章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。主な著書に『旅』『家』(住まいの図書館出版局)、『安藤忠雄 建築を語る』(東京大学出版会)、『安藤忠雄 連戦連』(東京大学出版会)、『建築に夢をみた』(日本放送出版協会)、『ル・コルビュジェの勇気ある住宅』(新潮社)、『安藤忠雄 建築手法』『安藤忠雄 住宅』『安藤忠雄 都市と自然』(A.D.A. EDITA Tokyo)、『建築家 安藤忠雄』(新潮社)、『私の履歴書 仕事をつくる』(日本経済新聞出版社)等がある。

安藤忠雄の作品

安藤忠雄 住宅を本棚に登録しているひと

ツイートする