これでいいのか福島原発事故報道―マスコミ報道で欠落している重大問題を明示する

  • あけび書房
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871541022

作品紹介・あらすじ

緊急解明、メディアは何を論じ、何を伝えてこなかったのか。徹底した国民的議論のために今、大切なことは何か。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  8人のジャーナリストやルポライター,放射線医学関係の医師などによる論文を集めたものです。
     2011年5月30日発行なので,それまでに報道された話題についてだけ書かれています。当然ながら,その後,徐々に明らかにされてきた事実もありますが,ここでは震災1ヶ月から2ヶ月くらいのことを取り上げていると思って読んでください。
     <震災から2ヶ月間>の報道の様子を専門家の立場から見たこの論文集を読んでいると,これまでのマスコミ報道には,国民の知りたいことや本当のこと,国や電力会社に対するするどい批判や国民を守る視点などが欠けていることに気づかされます。
     震災後の原子力資料情報室の臨時会見では,いち早くメルトダウンや水素爆発の危険性が指摘されており,その後の報道が,彼らの言う通りだったことを教えてくれました。そんな専門的な報道が,公共のマスコミを通事でほとんど全くなかったのはなぜなのかが,本書で明らかにされています。
     まさに国も電力会社も御用学者も「原子力村の住民」だったのです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

関東学院大学法学部教授、ジャーナリズム論。著書に『新聞は憲法を捨てていいのか』(新日本出版社)

「2011年 『民主党政権下の日米安保』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸山重威の作品

ツイートする