呼びかけの唄―遠野のわらべ唄の語り伝え〈2〉 (遠野のわらべ唄の語り伝え (2))

著者 :
  • エイデル研究所
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871682954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動物とは、ブツブツと話してはいけないけれど、唄で呼びかけてやるんだよというのは、なんだか、とっても、納得のいく話です。

    ただし、前巻に比べると、体系的ではなくて、読むのにかなり時間がかかっています。

    まあ、途中に、引っ越しとか、生活環境がかわることがいっぱい入ったり、本がどこかに行方不明になっていたりということもありますが。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

阿部ヤヱ 阿部ヤヱ(あべやえ)1934年岩手県遠野市で生まれる。祖母や隣のおじいさん、おばあさんから「わらべうた」や昔話、伝承あそびを教えられて育つ。現在も遠野で暮らし、人間としての生き方、知恵が生きている「わらべうた」を次代に伝えたいと、伝承に努めている。また、昔話の語りべでもある。著書に『遠野に伝わるわらべうた』(遠野市立博物館刊)、『人を育てる唄』『呼びかけの唄』(以上エイデル研究所刊)がある。

「2003年 『「わらべうた」で子育て 応用編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部ヤヱの作品

呼びかけの唄―遠野のわらべ唄の語り伝え〈2〉 (遠野のわらべ唄の語り伝え (2))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×