デッサンの眼とことば―人物をいきいき描く知覚のアプローチ

制作 : 田辺 晴美 
  • エルテ出版 (1991年7月発売)
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871990264

デッサンの眼とことば―人物をいきいき描く知覚のアプローチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 14

  • 観念的なところ、実際のうわべな技法論に走っておらずとてもよかった。
    描くこととは何か、について考えている人には是非読んでもらいたい。
    私もまだ答えがみつかっていない。探求も休み休み、、よい本です

  • デッサン関連の本は、受験デッサンものからはじめて、フツーのHOWTOモノ、ベティ・エドワーズの例の右側で描くやつ等色々読んだり実践したりしたのだけど、最終的に手元に残したい…っていうか、「これ一冊あれば、自分はもういいや」と思ったのがこれでした。はじめの一冊には不向きだと思いますし、わりと観念的な話が多くて、実践的なテクニックとか知りたい人にはどうでもいい本だとは思います。
    デッサンへのアプローチを、「視覚的」と「触覚的」の二つにわけた説明は、モノの見方に対する見解を整理するのに役立ちました。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする