リカちゃんコンプレックス

著者 :
  • 太田出版
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872330304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初単独著作にして初期の論考集。
    臨床経験等を踏まえた雑誌掲載コラムを纏めたもの。
    専門用語を駆使しているが内容は砕けている。

  • 豊富な話題を心理学に散りばめ、遊びゴコロ的に書いてあるが、ところどころコワかったりもする。

    ※1998年再読

  • 香山リカが色々な雑誌に向けて書いた文章を
    どどっとまとめて掲載したもの。
    そのためか、ゲームや宮崎事件など、
    当時の時勢に沿ったテーマが多いです。
    ただ、自分が生まれる前後くらいの、
    80年代~90年チョイ後ぐらいがメインなので、
    読んでいて内容に対しはぁ~なるほど、というより、
    そういう時代だったんだぁ~って思う程度。
    あと、文章がややずれた方向に格調高く(?)書かれているので、
    若干読みずらかったです。
    香山さんの本を読むなら、最近のものの方がいいかな、
    と思ってしまいました。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

精神科医・立教大学現代心理学部教授。
 1960年7月1日北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。
 その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。

リカちゃんコンプレックスのその他の作品

香山リカの作品

リカちゃんコンプレックスを本棚に登録しているひと

ツイートする