ルイ・ボナパルトのブリュメール一八日―底本 初版本

  • 太田出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872332698

作品紹介・あらすじ

本書は、一八五二年春にニューヨークのドイツ語月刊誌『革命』に発表されたマルクスの論文「ルイ・ボナパルトのブリュメール一八日」の翻訳である。

著者プロフィール

1818-83年。ドイツの哲学者・経済学者。主な著書に『ドイツ・イデオロギー』(1845年)、『共産党宣言』(1848年)(以上、エンゲルスとの共著)、『資本論』(1867-94年)ほか。

「2020年 『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・マルクスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×