自殺直前日記 (\800本 (4))

著者 :
  • 太田出版
3.68
  • (7)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872332810

作品紹介・あらすじ

1992年、高層住宅の11階から飛び下り自殺し、24年の短い生涯を終えた漫画家・山田花子。いまだに熱狂的なファンを持つ彼女が、死の直前まで書き記していた日記が存在した…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奈良に行く前にお供に選んだ一冊

    以前読んだことがあったのだけれど

    今回105円だったのでもう一度買った

    105円でなければ多分買わなかったと思う


    彼女の作品は少しだけリアルタイムで読んでいた

    それほどメジャーな作家ではなかったことは確かだけれど

    それなりに知られていて評価もされていた気がする



    漫画も描けて
    バンドもして
    文章力もあって
    彼もいて
    嫌な思いをしながらもバイトを続け


    自分よりよほどマシに思えるが

    彼女は死を選び

    自分は彼女が死を選んだ年齢をとっくに過ぎたがまだ生きている



    彼女が何故死を選んだのか

    何故そこまで自分を追い詰めてしまったのか

    この本を読んでも自分にはわからない


    「わからない」


    それが自分と彼女の差なのだと思う



    山田花子さんの感受性、ものごとの捉え方、またお父様の分析力には驚いた

    彼らに比べたら自分なんか目を閉じて生きているのと同じだ

    でも、だから未だに生きていられるのかもしれない


    心に残った文章

    私は前向きに生きてきた人だったので、誰でも努力すれば、人並みに仕事をこなすことはできるし、生きていくことぐらいはできると考えてきた。
    しかし、由美の日記をつぶさに読んで初めて、特に心身に障害はなくても、この世ではいくら努力しても、生きていき難い人達がいることを知った。



    無責任だし残酷なことかもしれないけど生きていて欲しかったなと思う


    多分この本はブックオフに持っていくだろう

    また何年後かに105円で出会ったら買うかもしれない

  • 1996年刊行。悪い意味でなく、本書を刊行すべきだったのか悩む読後感だ。毒書と言ってもいいかもしれない、そのくらいインパクトのある書。精神状態に極限にある人の言であるから、構えて読まないと飲み込まれそうな気がする。とりわけ、疲れている時、落ち込んでいる時には、間違いなく読めない。が、それだけ迫力があり、真に迫っているといえる。

  • 自分の頭の中を言葉や絵で表現できるのってすごい。

  • タイトル通りの自殺直前の日記だけでなく、以前の日記や本人が書いたメモ、ご両親の手記や、生前の友人からの手紙等も掲載されている。山田が尊敬してやまない、根本敬、蛭子能収からのコメントもあるともっと良かったと思う。日記やメモから、山田花子にとって現世がいかに生きにくい場所であったのかがひしひしと伝わってきて、痛い。今更遅すぎるかもしれないが、ご冥福を祈り合掌。

  • 自殺した漫画家、山田花子の自殺直前の日記と、「家族」「友人」「恋愛」などの様々な観点から彼女の人生観についてまとめたもの。

    ネガティブな文がつらつらと書かれているが、平易な文章で書かれているのでさっと読むことができる。「完全自殺マニュアル」のような生々しさもない。

  • 壮絶というか・・・。こんなふうに生きていたら生きるのがつらいと感じた。でも理解できる部分もある。
    2008読了 BOOK OFF¥105

  • 読まないほうがいいかも。
    体力がいります。

  • 世の中には気付いちゃいけないこと、
    考えちゃいけないこと、見ちゃいけないモノ、
    たくさんあります。
    彼女はそういうことに気付いてしまいました。
    弱い人間が世の中のすべてを公式化しようとすると
    ものすごく嫌な結論ばかりになっちゃうのです。
    そりゃ、死にたくもなりますって。

    私のココロの先輩。

全11件中 1 - 10件を表示

山田花子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 花子
ZOO
乙一
福満 しげゆき
ほし よりこ
雨宮 処凛
フランツ・カフカ
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

自殺直前日記 (\800本 (4))はこんな本です

ツイートする