人格改造マニュアル

著者 :
  • 太田出版
3.39
  • (24)
  • (33)
  • (110)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 362
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872333091

作品紹介・あらすじ

脳をチューニングして、楽チンに生きよう。クスリ、洗脳、サイコセラピー、電気ショック…。精神科医は教えたがらないが、本当は誰でも簡単に別人になれる!!『完全自殺マニュアル』の著者が、3年間の徹底調査を経て書き下ろす、待望の、自殺をせずに生きるための大脳コントロール法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルの印象よりかは、内容はそんなにハードじゃない感じ。
    結構実際に使える、出来る、実用的内容だった印象。

    違法ドラッグやおクスリ系、怪しいセミナー!?なんかの記述もありますが、認知心理療法や催眠療法、森田療法etc…
    心理学やってた人なら、ある程度知識はあるような方法なんかも、割と分かりやすく書いてあったように思います。

    人格や性格なんて、自分の思い込みが強いもの。
    ちょっと考え方を変えるだけで生きやすくなるよー

    そんな方法やアドバイス(著者の主張が強めだけど笑)が書いてある本。

    実際、かなりヤバかった時に読んだら、ちょっと救われてしまいました。笑
    個人的には、半分反面教師的な精神安定剤本でしょうか。
    …いや、何か違うような気もするけど。笑

  • 「生きていくのが辛い、でも死ぬのは嫌!」じゃあ人格改造しちゃえばいいじゃない!!という本。

  • かつて心理学を少しだけ勉強したことがあったので、分かりやすかった部分がある。
    そこまで深く勉強しなかった、洗脳部分は興味深かった。

    何よりも、著者の「人格なんて簡単に変えられる」という姿勢に心を打たれた。
    その「あっけらかん」さに救われる。

    そう、自分も人も、人格なんてスポットを当てて見えた、或いは見ようとした1部分でしかないんだ。

  •  豊橋でのイベント用にちょっと読み返したやっぱりとても面白くて全部読んでしまった。発売して20年経っているのに今でも全然実用的であった。特に、認知の歪みについてはとても参考になるというか、常に念頭に置いて生活しているべきであると思った。僕は頭痛の時にイヴを飲む程度しか薬は使っていないのだが、いざという時のために知っておくだけでも心強い。やたらと覚醒剤をお勧めするのが面白かった。薬以外の方法もとても面白い。電気ショックだけはやりたくなかった。

     個性なんかいくらでも好きに変えることができる、そもそも個性なんか意味がないという突き放し方がとても気持ちがよかった。

  • こういう本は今の方が需要があるのでは?とも思う。
    違法なものも多いので注意。

  • 座右の書その2。

  • 『完全自殺マニュアル』(太田出版)と並び、良くも悪くも自分の人格形成に多大な影響を与えた本。

    "その時ついに世界は「どうでもいいこと」一色になり、体はスッキリと軽くなる。ちょっとしたコツをつかんで、肩の力を抜けば、生きていくことなんか意外と楽チンなことなのだ"(P.7)

    この言葉にどれだけの希望をもらったことだろう。もちろん、そんな世界は来ないのだけれど。

  • 昔、手に取った。気がついたら、人に貸して戻って
    来なかった。

    精神の薬からなにまで、書いてあった。デパス、リタリン、
    諸々、サブカルの本として、太田出版だなと思った。

  • 再読。

    この本の構成。大好きだなあ~。

    内容は、購入当時のオレとマッチしないけど。
    そして、時代を感じるな。

    ダウナーの時に読み返してみるか。

  • 2012/01/24
    自宅

全42件中 1 - 10件を表示

鶴見済の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人格改造マニュアルを本棚に登録しているひと

ツイートする