怪談人間時計 (QJマンガ選書)

著者 : 徳南晴一郎
  • 太田出版 (1996年11月発売)
3.59
  • (8)
  • (11)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872333138

怪談人間時計 (QJマンガ選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に漫画を登録してみる。あらすじは本当に怪談、紛うことなき怪談。そしてその描き方(小説でいうと文体に対応する部分)は純度の高い狂気、なので怪談としてのストーリーよりもその描き方に恐怖を覚える。(たとえば絵がとてもきれいな楳図かずおとかが書いたら別の意味でド級に怖くなると思う)
    天才肌とかではなく(狂気を取り扱う場合よくごっちゃにされがちですが、そういう一種格好の良いファッション狂気とは一線を画すものがある)、あー淡々と狂っていったんだなと。幼いころの病気により小人症を発症し、壮絶ないじめにあっていたらしい。名前も時勢柄からかわれる対象になったのだとか。
    このおどろおどろしいのに崩れないというかきっちりと崩れた几帳面な表現の仕方は見た目に対する執着(自分自身も自分を見る他者も)なのかな。人間中身が大事なのは言わずもがなですが、容器に縛られない人間はきっとただの一人もいないと思う。

  • いやあ、すごい漫画である。まず絵がすごい。
    しょっぱな幼女と主人公が載ってるカラーページがあるが、幼女が何かでかいカツオブシみたいなの持ってるし、それを眺める主人公は首が180度回っている。
    この時点で作者の意図していないホラー味を感じる。「怪談」の名は伊達ではない。

    中身もすごい。何が何だか分からんゴチャゴチャした絵柄と何が何だか分からんゴチャゴチャしたストーリー。
    5回ぐらい読んだがあんまり理解出来なかった。
    いや、理解する必要もないかも知れない。何故ならもうこの世界観だけでどっぷり満足してしまったのだから。
    極めて人を選ぶが、好きな人にはたまらない魅力がある作品である。でもオススメはしない。

  • 久しぶりにクレイジーなマンガに出会えた。

  • 構図と絵が素晴らしい。
    ストーリーは俺には理解できない。

  • 復刻された幻の漫画。何から何まで奇怪。

  • 精神が弱くなっていたり、落ち込んでいる時に読むと、とんでもない事になりそう。読むたびに感想が違って困る。考え込んでしまう。作者はもう漫画家引退しているそうだが、読んだこっちは立ち直れそうもありません。

全10件中 1 - 10件を表示

怪談人間時計 (QJマンガ選書)のその他の作品

復刻版 怪談人間時計 Kindle版 復刻版 怪談人間時計 徳南晴一郎

徳南晴一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
駕籠 真太郎
江戸川 乱歩
丸尾 末広
松本 大洋
安部 公房
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

怪談人間時計 (QJマンガ選書)に関連する談話室の質問

怪談人間時計 (QJマンガ選書)に関連するまとめ

怪談人間時計 (QJマンガ選書)はこんな本です

ツイートする