シンポジウム〈3〉 (批評空間叢書)

著者 :
  • 太田出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872334067

作品紹介・あらすじ

原理主義の擡頭、ボスニア紛争、95年の日本、そして責任主体。ポスト冷戦下の『戦後』を徘徊した破壊衝動と責任主体の矛盾に満ちた結節点に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 柄谷ジジェクの対談は最高。必読。それ以外はすいません読み飛ばしました。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『探究』『世界史の構造』他。

柄谷行人の作品

シンポジウム〈3〉 (批評空間叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする