死んでもいい―マニラ行きの男たち

著者 :
  • 太田出版
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872334586

作品紹介・あらすじ

眠っていた細胞が息づき脈打つ欲動がさらに高ぶる街マニラ、我知らず本性が露になる快楽に淫し続ける男たちをあるがままに描き出す白熱のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マニラの深みにハマった日本人男性の姿が、そしてフィリピーナたちの生活が生々しく描かれていて読みごたえがあります。女性という立場から見た男性の思考や行動、彼らを魅了するフィリピーナたちについての分析も面白し。

    女性作家がインタビューをまとめ、男性一人称をもって物語を綴っていく作りが、沢木耕太郎の逆を行っているようで新鮮でした。文庫本の関川夏央による解説が渋いです。

全1件中 1 - 1件を表示

死んでもいい―マニラ行きの男たちのその他の作品

浜なつ子の作品

死んでもいい―マニラ行きの男たちを本棚に登録しているひと

ツイートする