楕円とガイコツ

著者 : 山下邦彦
  • 太田出版 (2000年3月27日発売)
3.27
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872335088

作品紹介・あらすじ

常に音楽創造者の立場から革新的批評を続け音楽界に衝撃を与えてきた鬼才・山下邦彦が放つ決定的音楽批評!ポピュラー音楽批評の新たなる金字塔!小室哲哉と坂本龍一を軸にビートルズ、キース・ジャレットから宇多田ヒカル、椎名林檎まで、音楽の快感を生み出す原理の秘密に迫った、音楽ファンと音楽創造を目指す人に贈る最高に「使える」1冊。

楕円とガイコツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を何度も読み勉強した。独自の切れ込みで通常の楽典では取り扱われないものを題材にして、且つ、一般人が知っている曲を取り上げている点が面白い。作曲家・編曲家を目指している人は必読。

  • 小室哲哉と坂本龍一を比較しながら彼らの音楽の秘密を解剖す本。
    耳に残るメロディーの心地良さを「メロディーの骸骨」と呼ばれる四度の関係と、移動ド・移動ラの二軸(楕円)で再スキャニングしていくマニアックな内容。
    様々なアーティストたちのコメントが豊富で、自分の中で気になっていた音楽の話がかなり解決し、読み応えもあってなかなか面白かった。また読みたい。

  • 理論書として読んだ。

  • 半分以上つまらん。ごく一部目から鱗。

全4件中 1 - 4件を表示

山下邦彦の作品

楕円とガイコツはこんな本です

ツイートする