NAM―原理

著者 :
  • 太田出版
3.44
  • (4)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872335422

作品紹介・あらすじ

NAMは、倫理的‐経済的な運動である。資本と国家への対抗運動を組織する、トランスナショナルな「消費者としての労働者」の運動である。著者自身にとっての「希望の原理」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新しいアソシエーション建設宣言。ふつうにおもしろかった。わくわくする。熱くなる。2000年に結成されたものの3年後に解散されたのは残念だが、その理由を分析して次に繋げていきたい、と思えるほど。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『探究』『世界史の構造』他。

柄谷行人の作品

ツイートする