高速回線は光うさぎの夢を見るか? (F×COMICS)

著者 :
  • 太田出版
3.59
  • (15)
  • (11)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872336979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ずっと死ぬまで 生きたいよ私こわれた私でも 生きたいの私 私ずっと生きたいよ~」

    父の本棚から。悪書。
    インターネット普及したころの怖さがどろどろしてる
    「カリクラ」もおすすめ

  • 「酒とばらの日々」が好き。
    これが遺作になってしまったなんてもったいない。
    決して上手くはない絵に込められた闇の中の言葉たち。
    唯一無二の漫画家だと思う。

  • 短編集。

    もう会えないということの切なさをかみしめさせる。

    大好きです。

  • 表題作は素晴らしい出来だと思う。
    そして、私が出会ったときに華倫変はすでに亡くなっていた。その人の作品は残っていくけれど、やっぱり生きていたときに出会っていたかったと思ってしまう。そしたらどこかで交わっていたかもしれないのに。くやしい。

  • 華倫変氏の遺作。



    もうなんて表現していいのかわからん。

    ただ、酒とばらの日々がすごく好きだ。

    そして、タイトル作品が南条あや絡みだとは!
    びっくりしたけど、そうかなーとも思った。

  • 『カリクラ』の鬼才っぷりは何処に行ってしまったんだろうとも思うけど、表題作はとても悲しく美しい話だと思った。書くたびに画力が落ちてくのはどういうことだろう。

  • 「忘れる」
    「とにかく現世はくだらなすぎる」
    が特によかった。

    「とにかく〜」は過去の自分の行動と今の自分の思考回路が不協和音になっているのを聞かされた感じ。


    今回いい表情してるアップが多かったな。

  • 『カリクラ』の勢いはかなり落ちて、ネットに対する興味が作品に反映されるようになった。社会性を持とうとしていたのだろうか。

全9件中 1 - 9件を表示

華倫変の作品

ツイートする